賽銭(さいせん)って必要?

神社やお寺に参拝する時に、なぜ賽銭が必要なのでしょうか?

神様がお金を要求するのかというと、そんなことはありません。
だから、神様と神社で対話するのは無料です。ほんとうの神様はお金や貢物を要求しません。
お金や貢物を要求する神様がいたとしたら、それはニセモノか、そうでなければかなり低級な神様ということです。(ごく一部の例外を除く)

私の場合神社に参拝するときは、基本として100円を賽銭としています。
なぜ賽銭が必要なのでしょうか?

賽銭が必要なのは神様ではなくて、神様と繋がる場を維持管理するために賽銭が必要なのです。大自然そのままの聖地の場合はともかく、神社やお寺などの場合、その場所・建物を維持管理するには、人手とお金がかかります。
つまり、賽銭はそのためのお金というわけです。

ちょっとした神社を建て替えたとすると、数千万から数億円のお金がかかります。
そして宮司さんや巫女さんなどの生活費も必要です。
そういった費用をまかなうのが賽銭というわけです。

賽銭というと、ご縁=5円 ということにしている人をよく見かけます。
それはそれで良いことだと思いますが、賽銭とは維持管理する費用であることを考えるともう少し出してもいいのかもしれませんね。

そういうことで私の場合は、100円を基本としています。