桜の名所 埼玉県幸手市 “権現堂桜堤”

権現堂堤は、かつての権現堂川の堤防として築かれたもので、現在の中川の堤防として残った堤防を指します。ここにソメイヨシノを1Kmに渡って植樹したのが、現在の権現堂堤桜です。その後周辺の休耕田に菜の花が植えられ、春には菜の花と桜がちょうど満開になり、桜のピンクと菜の花の黄色のコントラストが素晴らしく、桜の名所として知られています。

今日(4/4)朝のうちは雨が降っていたのですが、昼を過ぎて雨が上がったので、行ってきました。

IMG_3217堤つまり堤防に植えられた桜のトンネルを通ります

IMG_3207ちょうど桜が満開です

IMG_3204桜堤から

IMG_3158菜の花畑から見る

埼玉県の桜の名所として知られるだけあって、素晴らしい桜の名所です。

権現堂桜堤公園には、駐車場がありますが、桜まつりの期間は有料(500円)になります。でもこれは桜を見るための入場料のようなもので、堤を降りて菜の花と桜を見れば、その金額も納得できます。公園の維持管理のためのサポートだと思えばむしろ安いくらいです。

権現堂桜堤公園周辺には、沢山の駐車場があり、公園正面以外にも公園の裏手にも駐車場があり、月曜日ということもあると思いますが、裏手の駐車場の方はがら空きでした。今日行ったところでは、混雑するのはP1とP2で、他の駐車場は十分余裕がありました。

駐車場の位置などについては、こちらのPDFを参照してください。

権現堂公園マップ
http://www.satte-k.com/map.pdf

幸手市観光協会 >> イベントトップ >> 桜まつり
http://www.satte-k.com/event/sakura/index.html