スピリチュアルな感性を磨くとはどういうことか

ikedaさんから頂いた、以下のコメントですが、

>スピリチュアルな感性を磨くと、地震などの災害に遭遇しないということが起きるようになります

とありますが、それは言いかえると、スピリチュアルな感性の磨き方が足りないと災害やテロに遭ったりするということでしょうか。結構一生懸命頑張ってきたつもりでしたが、今まで何をしてきたのかと悲しくなりました。
いったい何を目指して生きていったらいいのかわからなくなりました。

返信するには長くなるのと、他の人にも共通する返信になるので、記事として書きます。

●スピリチュアルで解決できる?

スピリチュアルを自分が抱えている問題の解決策と考えている人がいます。
この場合、解決できる場合と解決できない場合があります。

【解決できる場合】
自分が抱えている問題が、自分自身の観念が原因となっている場合は、スピリチュアルを学ぶことが解決につながります。
ここで言う観念とは、自分が自分自身や他の人、あるいは社会をどう見ているのかということです。

例えば、自分自身は非力であり小さな人間でしかないという観念が強い場合、自分を卑下することに繋がり、幸せを感じることが少なくなってしまいます。そして、何かネガティブな体験があると、自分に原因があるという思い込みを作りやすくなります。そうして、幸せとは言えない人生を送る人もいます。
このような場合は、スピリチュアルを学び観念を切り替えて行くことで、自分自身の豊かさに気づき、自分自身をより良く見る、また他の人や社会についても、良い点を見つけて行くようになるので、問題が解決し人生が好転するということが起きます。

【解決できない場合】
自分の周囲に起きる問題や社会の問題を解決しようとすると、逆効果となることがあります。
これらの問題は、あなたとは関係なく起きます。あなたが聖人であっても、覚者であっても、自分自身の周囲に問題は起きます。ブッダやイエスやダライラマが覚醒したら、何の問題も起きなくなったわけではなく、覚醒後にも様々なことが起きています。つまりスピリチュアルの道を進むことが、問題を起きなくさせるということではありません。スピリチュアルを学べば問題が解決して、心が平安になるということにはなりません。

●では、どうすればいい?

スピリチュアルを学ぶ(感性を磨く)ということは、社会を変えるということではなく、自分自身を変える、つまり他人や社会に対する見方という観念を変えるということです。

【全ては一つである】
この世界は全て繋がっているのであり、あらゆる出来事もそれぞれ単独で起きているわけではありません。つまり、あなた自身はこの世界の一部であるということです。
これは、単にそういう考え方をすべきであるということではなく、厳然たる事実です。これをスピリチュアルではワンネスと呼ぶこともあります。
根源を辿れば全ては一つであり、根源側からこの世界見れば例外なく全ては繋がっているのです。

ワンネスを大いなる存在と言う事もあります。
あなたは、大いなる存在であり、もう一方で大いなる存在の部分でもあります。これはどちらか一方が正しいということではなく、どちらも正しいということがポイントです。
ですから、地球上のすべての人は大いなる存在の部分です。

スピリチュアルを学ぶ(感性を磨く)のは、この自分自身が大いなる存在の部分であるということを、改めて認識するということです。

この世界で起きていることは、この大いなる存在の意図によって起きています。あなたという肉体と精神を持った個人も大いなる存在の部分ですが、部分であるがゆえに、大いなる存在の意図全て理解することはできません。起きていることには、何らかの理由があります。

スピリチュアルの感性を磨くというのは、理由を探ることではなく、起きていることを好悪の判断に即座に結び付けることではなく、起きていることをありのままの姿で認めることです。
起きていることは、どんなことでも、良い事と悪い事の二面性があります。自分の良し悪しという感情によって、自分自身が傷つけられていることに気が付いてください。感情に巻き込まれてしまうことによって、自分の人生すら傷つけていることに気が付いてください。

ありままで生きるということは、出来事を私という部分である個人の良し悪しという感情で見るのではなく、個人の好みを超え様々な視点から見ることが出来るようになるということです。
あなたという大いなる存在という視点から、起きていることをありのままに、そして様々な側面を見てください。
大いなる存在という視点から、起きていることの、様々な側面を見れば、どんなときにも希望を持つことができます。

●磨くとどうなる?

個人的な視点だけで生きている時は、怖れや恐怖があります。そうなると全体性を見失ってしまいます。スピリチュアルな感性を磨くというのは、物事を全体性から見る・感じることができるようになるということです。

そうすると、地震などの災害に遭遇しないということが起きるようになります。

これは、全ての災害から逃れるということではないですが、自分自身が遭遇する必要のない出来事には、自然な流れで遭遇しないということが起きるようになるということです。

(関連記事)

陸前高田駅前 2014.3.11 震災前:陸前高田市探訪(リンク) 近年の、阪神淡路大震災(1995)新潟中越沖地震...