時間というもの

過去生はパラレル(リンク)でも若干書いていますが、我々が通常感じる時間の概念というのは、我々の世界のみで通じるもので、上位次元では時間という概念が異なります。

一言で言えば、上位次元には時間という概念がないということですが・・・ この説明では分かりにくいですね。
私の場合、上位次元では我々の世界とは時間の概念が異なるということを体験的に知っているので、それについて書きます。

神社に呼ばれて行くときは、ガイドが道を教えてくれるのですが、以前のガイドは交差点をどちらに進むのかと交差点の間の距離を言ってくることが時々ありました。
基本的なパターンは、交差点の手前に来ると、「まっすぐ」「右」「左」とか言ってきます。その声に従って進むとちゃんと目的地に到達できます。

時折、「右に曲がって、すぐ左」とか「直進してしばらく走って右」という具合に、交差点と交差点の間の距離感を伝えてくることがありましたが、これがあてにならない。
というか、半数以上が間違っていて、「しばらく走る」と言っていたくせに、ろくに走りもしないでいきなり「交差点右!」とか言ってくるわけです。

交差点をどちらに進むかは非常に正確なのに、距離となると全然あてにならないって、どういうことなのか、しばらく悩みました。

そして、向こう(上位次元)には、時間の概念が違うということに気が付いたのです。
距離というのは、 距離=時間×速度 になるわけですが、我々の住んでいる時空空間では、時間は有限かつプラス成分であるということになるので、速度が確定すれば距離も算出できるのですが、上位次元において、もし時間が「ゼロ」とか「無限大」だったとしたら、正確な距離は測ることができなくなります。

なので、上位次元から見ると、道路というのは、トポロジー的な見方になってしまうということです。ここでは道路というエレメントにおいては、「交点」と「交点と交点を結ぶ線」のみがあるが、線の距離というのは、時間の扱い方次第で延び縮みしてしまうため、意味をなさないということです。

そう考えれば、距離がまったくあてにならないが、交差点だけは非常に正確であるということが理解できます。

ちょっと、難しい説明になりましたが、ようするにあっち(上位次元)には、時間はないということです。
ただし、時間に近い概念として、「順序」というものはあるようです。つまり、時間という一定の速度で経験するという概念ではないが、物事を経験する「順序」というものがあり、それは経験と経験を数珠繋ぎしたようなものになります。

これは過去生リーディングをやっていても感じることですが、そもそも経験の順番というのは時間が決めているものではなく、「Aの次はB」、「Bの次はC」という関係性は存在しているみたいです。

しかも、それは一本の糸で繋がっているわけではなく、縦糸もあれば横糸もあります。過去生リーディングでは、縦糸が経験する一連のテーマとして見えてくるので、縦糸と横糸が絡まって分からなくなるということはありません。

こうしてみると、上位次元というのは時間という概念を外して、トポロジーで考えると理解しやすくなるのではないかと思います。

コメント

  1. ruby より:

    続きをとても楽しみにしています。

  2. 八雲 より:

    ruby さん
    毎日とは行かないと思いますが、ぼちぼちと書いて行きますので、よろしくお願いします。

  3. まぶくり より:

    八雲先生にはありがたいんだか迷惑なんだか、よく分かりませんが、ガイドさんが凄く可愛いな♪と思いました(^_^)
    私も続きを楽しみにしています!!

  4. ruby より:

    まぶくりさん!ご無沙汰です。[E:sun]
    八雲さんには申し訳ありませんが、この場をお借りしてまぶくりさんにお礼を言いたいと思います♪
    今度、八雲さんのカウンセリングを受けられることになりました!八雲さんが京都でカウンセリングをしてくださるのです。[E:happy02]
    早速予約しました。これもまぶくりさんのお陰です。
    ありがとうございました~!

  5. まぶくり より:

    八雲先生ごめんなさい。ちょっとrubyさんとお話させて下さい。。。
    rubyサン。こんにちゎです(^_^)
    こちらこそご無沙汰です!
    お元気そうですね♪
    今度、八雲先生のカウンセリングを受けられるとのこと・・・
    私のお陰だなんて正直なんだから!!
    なんちゃって[E:diamond]
    rubyさんの、日頃の行いが良いからですよ!!
    [E:happy01]
    カウンセリング楽しみですね!
    八雲先生のカウンセリングによって、rubyさんの毎日が今まで以上に良い方向へ行くよう、祈っていますね!![E:note]

  6. ruby より:

    まぶくりさん、ありがとうございます[E:heart04]
    そして、八雲さん、よろしくお願いします。

  7. かやま より:

    こんにちは
    以前、カウンセリング受けた者です。
    SNSなどネット上では、神さまや天の声が聞こえると言われているごく普通?の方がそこそこ見受けますが、厳しい修行を積んだ聖職者とか何らかの分野で超越しエネルギッシュなプロの方とかでない方にも神さまはメッセージを与えるのでしょうか。
    聖職者やプロだから必ずしも人徳があると言うわけでもないですが、何かコツというか心がけでスピリチュアル世界に入って行けるのでしょうか。
    すべてに感謝をしなさいという方も多いですね。
    ところで先生は
    ガイドさんは声として聞こえるのですか。それとも頭に文字のように浮かぶのでしょうか。

  8. ruby より:

    では、人間の存在する世界で未来に起こる出来事というのは高次元ではどのように考えれば良いのでしょう?

  9. 八雲 より:

    rubyさん
    テキストだけで説明するのは、難しいのですが、現在という点から、未来に向けては沢山枝分かれした糸のに出来事が繋がっているような感じです。枝分かれというのは、可能性となります。
    つまり、現在の方向性のままで行けば、まっすぐ伸びた糸の出来事が起きるが、その人が新たな選択をした場合は、枝分かれした方に進むことになります。
    ここでも、時間が存在しているわけではなく、出来事の順番が存在しているだけになります。

  10. ruby より:

    わかりました。ありがとうございました。

  11. 八雲 より:

    かやま さん
    神さまや天の声といっても、勘違いや自分の想像なども結構多いですよ。
    わりと名前の売れている人でも、勘違いはあったりします。
    メッセージを受け取るということについては、ほとんどの人がその能力を持っており、程度が違うだけです。よく1から100というスケールの中でどれくらいかという話をしますが、ゼロという人はいないです。これは、その人の個性というものの範疇に入るので、一種のスキルとも言えるものですから、人徳やプロ、聖職者だからということとは別の話です。
    メッセージを受け取るには、自分の我を無くす、思い込みを無くす、判断を無くすなどのことが大切で、そのために修行というものがあるわけです。この修行は現世だけでなく、過去生での修行の結果でもあったりするので、現世だけで判断しようとすると難しくなります。
    私の場合は、最初のころは目の前に記号や文字が出てきましたが、最近ではダイレクトに情報として入ってくる場合と、声として聞こえる場合があります。

  12. 稚魚 より:

    あちらには時間がないとは聞いてはいたのですが
    具体的にどうなの?って思っていたところだったので
    勉強になりました。[E:happy01]