夏至 伊勢神宮

夏至・伊勢神宮参拝ワークショップは無事終了しました。
参加者のみなさんお疲れ様でした。感想をこちらにコメントで書いて頂けると助かります。

今回廻った神社は以下のとおりで、18宮(社)になり、伊勢神宮の主要な御宮(神社)は一通りめぐってきました。

6/20(Fri)
伊勢市駅 - 世木神社 - 斎宮歴史博物館 - 瀧原宮 - 猿田彦神社 - 伊雑宮


瀧原宮

6/21(Sat) 夏至
二見興玉神社 - 御塩殿神社 - 倭姫宮 - 月讀宮 - 月夜見宮 - 豊受大神宮(風宮 - 多賀宮 - 土宮 - 正宮)


二見興玉神社・夫婦岩・夏至祭

6/22(Sun)
饗土橋姫神社 - 皇大神宮(滝祭神 - 風日祈宮 - 正宮 - 荒祭宮) - おはらい通り・おかげ横丁 - 伊勢市駅


皇大神宮・正宮・本殿

・番外
6/23(Mon)


二見興玉神社・夫婦岩

コメント

  1. 繊務 より:

    奇跡的にちょびっとだけお世話になりました[E:coldsweats01]
    ありがとうございました。

  2. マナ より:

    今回の伊勢ワークショップありがとうございました。
    参加者のみなさん、本当にありがとうございました。
    1日目の朝は本当に緊張していましたが、最終日には前からずっと知っている方達みたいに、楽しく過ごす事が出来た事、嬉しく思っています。
    今回の天気はビックリする程、雨、雷、曇、晴れと目まぐるしく変わる日々でした。
    番外偏の二見岩、今日はすごい綺麗に太陽の女神様が顔を出せれていますね。私も見たかったです~。1人占めしていて、いいなぁ。
    ただ、夏至の当日の二見岩は確かに肉眼では雨でしたが、雲の先には光の強い太陽が確かにいたと思います。
    その証拠に私の紫外線に敏感な肌が、あの雨の中完璧な紫外線予防をしていたのに、すごく痛みを伴う事になりましたから。。
    八雲さん、おかげ横町で我慢していたお酒は美味しかったでしょうか~?
    参加者全員で今後の八雲さんを楽しみにしています。
    今後の道中、お気をつけて。
    本当にありがとうございました。

  3. shima より:

    八雲さん&参加者のみなさん、ありがとうございました。とても楽しく、フレッシュな時を過ごさせていただきました。
    初めてのお伊勢参りでしたが素敵な所で、また近く訪れたいと思っております。

  4. mhk より:

    八雲さん、参加者のみなさま、ありがとうございました。
    自分ではなかなか行けない神社もありましたし、解説があることで充実した旅となりました。
    伊勢に関することでも勉強になりましたが、皆様と一緒に行動したりお話することでいろいろな気づきがあり、帰ってからも思い出しながら考えさせられました。またお会いできるといいですね。そして伊勢にもまた行きたいと思います。
    熊野詣もしたいので、ワークショップをリクエストします。蚊がいない時期に!!(余談ですが帰ってから10箇所以上さされてることに気づきました。かゆい・・・)
    それと繊務さん、昨年の富士山のワークでご一緒しました。思いがけずお会いできて良かったです。

  5. 梅庵 より:

    八雲先生、同行の皆々様
    雑事に追われて、出遅れのコメントと成ってしまいました。御容赦下さい。
    さて、今般の「伊勢参拝」ワークショップに御一緒させて頂きまして、誠に有難うございました。
    何はともあれ、「冥土」へ旅立つ前に、この様な記憶の土産が出来ました事に、殊の外、幸せ感を覚えます。
    何時もながらに、(風光明美感は別として)、やはり、何時でも、何処でも、生かされている事への感謝の想いを、再確認させて頂いたことです。
    ①夜中の高速バスターミナルへの愚妻の見送りに始まりました。
    ②バス乗務員さんの親切な座席案内と諸操作の案内を頂きました。
    ③7年間、趣味つながり、一面識も無い電話交友が、わざわざ名古屋駅に始発の地下鉄に乗ってお出迎え、朝食のお世話から、近鉄乗車、所定の指定座席まで誘導頂いて伊勢市駅へ、無事出発する事ができました。
    ④理解していたつもりでしたが、方向感覚を間違えて、近鉄側へ下車してしまいましたが、駅員さん、快く、駅構内の道順を案内してくださいました。
    ⑤やれやれと言ったところで、意外と、駅は閑散としており、具体的な集合場所が解りません。時間は時々刻々と過ぎていきます。先生の携帯番号を知りません。いやいや、困りました。どうしたことでしょう。既に10時を過ぎてしまい、落胆しておりました。と、そこへ悠々と救世氏登場で、一件落着。
    各神社参拝では、静粛な先生の案内、解説でしたので、極力、至近距離で耳を傾けながらも、その周辺、状況を推察して行きました。
    ⑥同行の皆様方が、歩行中、石段の段差や滑り具合など、頻繁に声をかけて頂き、また、食事や買い物の時でも、小生の要望の品、価格なども丁寧に案内して下さいました。気配り、心配りに、厚く感謝で御座いました。
    不謹慎にも、最終日のお勉強は上の空状態でありましたね。日頃お世話になってばかりの小生ですからして、今度は御縁の皆様方への・・・、と。
    それにしても、「一人旅」のお勉強、4泊5日(車中泊2日、ビジネスホテルでの2日間)は、此処30年間、皆無の未体験ゾーンでありました。
    やはり、小生、一寸、皆様方の歩調を乱しての、場違いの足手まといの失礼な参加であったかも知れませんね。お許し下さい。
    ⑦帰路は、H女史が同伴して頂き、安心して隣席着座する事が出来ました。
    ⑧近鉄改札口には、またまた友人達が、出迎えて下さり、新幹線乗り換えに忙しい皆様とは、ここで、共に「お気を付けて」のバトンタッチのお別れとなりました。
    今回同行の皆様方、心より厚く感謝の御礼「ありがとうございました」を、この場をお借りして、述べさせていただきます。
    ⑨また、その後、友人に「ツインタワー」の名店での「ディナー」に御招待いただきました。
    所を変えて残り僅かな時間を「ティータイム」で、過ごさせて頂きました。
    ⑩さて、いよいよ11時35分発「群馬」行きのバス停に到着、そして見送って頂きました。
    またと無い機会かも知れませんが、今般の送迎共にお付き合い頂き、「本当に、ありがとうございました」。
    ⑪当然、翌朝5時30分には、吾がご本尊様、「カミ」様の、お出迎えを頂いたことは申すまでもありませんが・・・。
    今般、観えない、観えにくい、感じ無い、感じにくい個別の波動を感知するお勉強もさせて頂きましたが、それ以上に、やはり小生の場合は、刹那刹那での人的交流の中に、生かされている事への「感謝」の波動を、多少なりとも感知できた事に意義、収穫を覚えた次第です。
    最期に、再度、今回のワークショップ設営に御尽力いただきました八雲先生の御指導と、同行生の皆様方の多方面に渡る御配慮に、厚く感謝御礼を申し上げます。
    それでは、また、皆様と、何時の日にか、お会いできますことを・・・。
    皆様方の神性へ向けて・・・(二最敬礼、二拍手、一最敬礼)