中秋の名月 十五夜 2016年

今日は中秋の名月・十五夜です。

img_4400

中秋の名月は、秋の晴れた空に見られる満月(十五夜)を意味して、太陰太陽暦(旧暦)では8月15日になるのですが、私たちが通常使っている暦は太陽暦(グレゴリオ暦)なので、毎年日が異なります。今年から2025年までの中秋の名月の日は以下のとおり。

中秋の名月
2016年 9月15日
2017年 10月04日
2018年 9月24日
2019年 9月13日
2020年 10月01日
2021年 9月21日
2022年 9月10日
2023年 9月29日
2024年 9月17日
2025年 10月06日

【中秋の名月は満月とは限らない】

太陰太陽暦では、1日が新月、15日が満月というのが基本ですが、今年の場合、満月になるのは二日後になります。太陰太陽暦で8月17日、太陽暦で9月17日です。

これは、月の軌道が地球の周りを楕円運動しているなど様々な理由により、満月になる日が太陰太陽暦の14日から17日の間で変動するからで、中秋の名月で満月になる日は概ね後ろにずれます。中秋の名月と満月が重なるのは5年後の2021年から2023年になります。

中秋の名月 満月
2016年 9月15日 9月17日
2017年 10月04日 10月06日
2018年 9月24日 9月25日
2019年 9月13日 9月14日
2020年 10月01日 10月02日
2021年 9月21日 9月21日
2022年 9月10日 9月10日
2023年 9月29日 9月29日
2024年 9月17日 9月18日
2025年 10月06日 10月07日

【中秋の名月の起源】

中秋の名月は、中国の中秋節が起源であり、旧暦の8月15日となっています。中秋節は春節とならぶ重要な祝日です。

中国は古くから、「春分に太陽を祭り、夏至に大地を祭り、秋分に月を祭り、冬至に空を祭る」という祭祀がありましたが、秋分の日が満月に当たることは少ないので、後に旧暦8月15日に祭りを移動し、これが中秋節となり、中秋の名月になったということです。

ということで、中秋の名月は、こよみ上で厳密に定められた祭ではないので、今日から月曜日くらいまでの、天気のいい日に秋の澄んだ空に上がる月を眺めるのも良いですね。

img_3940

(参考資料)

国立天文台 > 暦計算室 > 暦Wiki > 中秋の名月
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C3E6BDA9A4CECCBEB7EEA4C8A4CF.html

こよみのページ
http://koyomi8.com/

中秋の名月(2016年9月15日) – アストロアーツ
http://www.astroarts.co.jp/special/2016moon/index-j.shtml

AraChina 中国旅行 > 中秋節
http://www.arachina.com/festivals/mid-autumn-festival/

人民中国 > 祭りの歳時
http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/wenhua/festival/200508.htm