銀河系宇宙種族の起源 書籍

良い本なんですが、なにぶん表紙が・・・
ということで、これまで(表紙のせいで)積極的にお勧めしていなかったのですが、表紙以外は真摯な良い本なので、こちらで紹介します。

出版元のページはこちらです。
http://neo-delphi.net/neodelphi/books/top.htm#prism

我々地球人は、過去生において、様々な星の人生を歩んでいます。それらの星の人生を理解する上で、恒星系の情報を知っておくことは、自分自身の現在における役割や、意味合いについて理解する上で大きな手助けになります。

Pol_2プリズム・オブ・リラ―銀河系宇宙種族の起源を求めて (単行本)
著者: リサ ロイヤル (著), キース プリースト (著), Lyssa Royal (原著), Keith Priest (原著), 星名 一美 (翻訳)
出版社: ネオデルフィ; 新版版 (2004/04)
ISBN-10: 4434041959
ISBN-13: 978-4434041952
発売日: 2004/04

コメント

  1. NAK より:

    幸運にも、この本は持っておりました。涙なしには読み終えられない本でしたが、もう一度読み込もうと思います。

  2. もりちゃま より:

    八雲さん
    パワースポットで検索していたら
    八雲さんのHPに出会いました。
    私もパワースポット巡りが好きで
    今度東北に行くので
    とても参考になりました。[E:lovely]
    感謝します。

  3. 照蓮 より:

    この表紙は、なかなかどんまいな感じですね(笑)
    昔どこかで見かけたとき、リラって花の?竪琴の?
    乙女チックだーーー関係ない!とスルーした記憶があります。
    そしてこの表紙とは…うーん、ここまで拒絶反応が出るということは、
    むしろ私は読むべきかもしれません(笑)
    食わず嫌いはいけませんね(笑)

  4. 八雲 より:

    NAKさん
    私の場合は、平和なオリオンに居たのでそうでもないですが、ハードな時代にいた人だと、色々と感じるところも多いでしょうね。
    もりちゃまさん
    最近パワースポットのページは更新が進んでないですが(^^;
    よろしければ参考にしてくださいね。
    照蓮さん
    確かに、この表紙はいけません(笑)
    でも、中身は良いですよ~

  5. すずめ より:

    「テオドールから地球へ」も、情報内容は似ているとしても、文体がやわらかく、優しいメッセージが込められていて、おすすめです。

  6. 秋月 より:

    こんにちは
    宇宙人?は映画を含めて表紙のような姿で描かれる事がほとんどですが、感じる方?はそのような姿にみえるのでしょうか!?
    それとも映画とかでそういう風に描くのが一般的になったからなんですかね。
    ふと疑問です。