“あなた最低!” がもたらすこと

あなたが、他の人の言葉や行動を見て、“あなた最低!”と言ったり想ったときに、あなた自身に起きることを知ってますか?

あなたが、誰かに対して“あなた最低!”と言ったり想った時、スピリチュアル的に起きることは、あなたが想った最低レベルに、自分自身が陥ってしまうということです。

それは、相手と自分を比較し、自分が優位で相手が劣位であることを確認しようとする行為ですが、その優劣の基準は、あなた自身が決めているにすぎません。
そもそも、人という存在に優劣というものはありません。ですから、その優劣を決めようとする行為そのものが、あなた自身を最低レベルに落としているということです。

また、あなたが誰かに向かって“あなた最低!”と言った時に起きることは、相手の心を傷つけることです。
なぜなら、“あなた最低!”と言った時に、客観的に見て最低である理由はそこにはなく、言った人の独りよがりの主観に過ぎません。
独りよがりであるがゆえに、相手の心を傷つけることになります。

スピリチュアルな視点から観れば、全てはワンネスなので、あなたが言った言葉のエネルギーがどこかで消滅することはなく、いずれは言ったあなた自身に帰って来ることになります。
あなたが放つ言葉の行き先は鏡です。
それはやがて自分自身に跳ね返ってきます。

コメント

  1. ならりら より:

    認知症の方が発する暴言はどうなのでしょうか?
    私事ですが、母は認知症で普段は穏やかなのですが、ちょっとしたことで怒りだし暴言を浴びせます。暫くすると本人は忘れますが、私は心に残ってしまいます。
    病気の人が発する言葉も本人に返ってくるのでしょうか?

  2. 八雲 より:

    > ならりら さん

    認知症は、私という個人を認識できない状態で出来事が起きるので、本人は言ったことを忘れてしまいますが、スピリチュアルにおけるワンネスという全体性の中では、全てはエネルギーとして存在することになります。なので、次の人生においてそのエネルギーのバランスを取るということが起きることになります。

    聞き手が、ノンデュアリティの視点に完全に立つことが出来れば、それは源泉の意思としてただ起きたことでしかないを理解するので、暴言を浴びせられてもそれが心に残るようなことは起きなくなります。