木星逆行 (2017.2.7 – 6.10)

2月7日から、約4ヶ月にわたって、木星が逆行期間に入ります。

●木星とは

太陽系では、地球の外側にある惑星(外惑星)で、円形のラインである黄道を、約12年かけて一周します。太陽系の中では最も大きい惑星であることもあり、占星術的には、幸運・発展・拡大といったことを意味します。また、約12年のサイクルを持っているため、人生の長期的な側面を担当する惑星でもあります。

●木星逆行期間

2月7日(火)~ 6月10日(土)

※この日程は、天体観測における「留」で日付を割り出しています。
占星術ではこの天体観測で得られた天体の動きを元に逆行を計算するのですが、逆行の解釈の取り方によっては、±2日ぐらい日取りがずれることもあります。天体の動きは日々少しずつ変化するものであり、1日でガラッと変わるわけではないので、±2日ぐらい日取りのずれは誤差の範囲と考えておいてください。

●木星逆行とは

毎日同じ時間に木星を観測すると円形のラインである黄道を約12年かけて一周するのですが、その途中で、通常とは逆の方向に移動しているように見える現象のことで、木星が外惑星であることから起きる現象です。

●木星逆行期間に起きやすいこと

木星は、幸運・発展・拡大といったことを意味しますので、逆行するということは、幸運ではない状況(かといって、不幸というわけではない)、発展・拡大が滞るということが起きやすくなります。これは、きちんとした準備をしていたとしても、想定外の邪魔が入って来たり、準備そのものが十分ではなかったりするということが起きます。

木星の影響が強い人ほど、この状況は起きやすくなります。

これは木星が原因でそういったことが起きるのではなく、そういう時期に入ってしまうということです。これは海の潮の流れが変わって反対方に流れるようになっているようなものですから、下手に抵抗するとむしろ弊害が増えて行くことになりやすいです。

●木星逆行を上手く使う

木星逆行中は、自分が持っている計画があっても、潮の流れに乗っていないときは、苦労が大きくなります。なので、あまりあれこれと動き回るよりは、自分が持っている計画を再度見直してみたり、問題が起きても限定的な影響にしかならないように制度設計しておくことが必要です。

コメント

  1. モミの木 より:

    水星の逆行は知ってましたが、
    木星もあるのを、先週、知りました。
    情報ありがとうございます(^^)

  2. 八雲 より:

    > モミの木さん

    地球から見る時、太陽系の惑星は全て逆行する可能性があります。