デジタルカメラ 一眼レフ

カメラについてはずっと、コンパクトカメラ中心で来たので、現在こちらを使っていますが、
インプレス > キヤノン PowerShot A700
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2006/04/12/3598.html
少し写真の画質も上げたいと思って、一眼レフを探していたのですが、選択のポイントは以下のとおりです。

(1)出来るだけコンパクト・軽量
神社などに行く時は、参拝がメインであり、写真を撮るのはサブなので、小型・軽量であることは重要です。

(2)使い方がハードで、カメラは一種の消耗品と考えているので、あまり値段の高いものにはしたくない
一眼レフは、値段の高い機種の方が、ハードな使い方にも対応はするのですが、その分重く・大きくなるのが問題なので、なるべく安い機種である程度使ったら買い替えという考え方です。

(3)画素数は少ない方が良い
少ない方が良いというのは、一般に言われていることと違って、以外に感じられるかもしれませんが、一般ユーザーの場合500万画素もあれば十分で、それ以上の画素数があると、画像データが大きく重くなってしまうだけで、メリットがない。最近は、コンパクトカメラですら1000万画素が主流になっていますが、これはプロが一眼レフを使うような場合ならともかく、一般ユーザーには明らかにオーバースペックで、ユーザーが使い切れない性能をセールスポイントにしているようなものです。
機種によっては(特にコンパクトカメラ)無理して画素数をあげているところがあるため、画素数が少ない方が、画質が良いという逆転現象が起きている製品もある。

(4)旧モデルでも十分
デジタルカメラも出た当初は、新モデルと旧モデルでは随分と性能差があったのですが、最近は性能向上も落ち着いてきているので、旧モデルでも一般ユーザーが使う分には十分な性能があります。

なので、中古デジカメも含めて色々と探していました。
ということで、探していたら、ニコンの直販サイトで、D40レンズキットが、3万9千8百円(税込)と、新品の一眼レフのレンズキットとしては、最低価格とも言えるものがあり、しかも5千円のクーポンが付いてくるので、実質的には、さらに5千円引きになります。
カメラとしても、上記の条件を満たすので、ちょうど良く、最終的にこれに決定しました。
なお、D40は既に生産終了しており、店舗在庫のみの扱いです。新機種も出ているのですが、上記の条件にはちょっと外れてしまうので、こちらを選択しています。
先ほど直販サイトで注文したところなので、まだ手元にはないですが、手元に来たら色々と使ってみたいと思います。

マイコミ > ニコン D40 実写インプレッション
http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/01/10/d40/index.html
All About > ニコン D40がベストセラーになれたワケ
http://allabout.co.jp/computer/digitalcamera/closeup/CU20071110A/
ニコンダイレクト
http://shop.nikon-image.com/