城ヶ谷堤の桜

城ヶ谷堤の桜に呼ばれて行ってきました。

記事を書く前に写真を掲載します。

その場の雰囲気が分る様に、掲載するのはいつもとは違ってパソコンのモニターサイズに合わせた1920×1080ピクセルのフルサイズの写真です。

記事内に表示されているのは、いつもの横幅450ピクセルですが、画像クリックするとモニターフルサイズの1920×1080ピクセルの写真が表示されます。

さらにブラウザ表示状態で、[F11]キーを押すと全画面表示になり、その場の雰囲気が良く判るようになります。

スマートフォンの場合は、横向き表示を許可してください。

城ヶ谷堤の桜の雰囲気をお楽しみください。

コメント

  1. あぐ より:

    きれいですね~♪

    桜も呼ぶんですね!!(驚)
    神社とかだけだと思ってました。

  2. 八雲 より:

    > あぐさん

    神社に呼ばれることも多いですが、桜(というか土地)に呼ばれることもあります。

    スピリチュアルな視点ではなく、ノンデュアリティの視点になりますが、全ての存在はそもそも一つであり、それはワンネスと呼ばれます。

    ノンデュアリティの視点から見ることができれば、全ては「現れ」であり、優劣も無ければ上下もなく、等しく対等です。

    全ては対等なので、神に呼ばれることも、桜に呼ばれることも、全くの等しい関係です。

  3. あぐ より:

    八雲さま

    ガッテン!(笑)といった感じでした。よくわかりました!
    ありがとうございました。