ウエサク・五月満月の遠隔ヒーリング&アチューメント 2017

五月は満月のエネルギーが高く、アジア各地では満月に合わせてウエサク祭がおこなわれます。

ウエサク祭の起源

ウエサク祭の起源は、釈迦の降誕、悟りを開いた日、入滅の日が、全てヴァイシャーカ月(Visakha:インド暦の第二月)の第一満月の夜であったという伝承から来ており、占星のカレンダーに従って、ウエサク祭の期日は決定されます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヴァイシャーカ月の満月は、太陽が雄牛座から登る日(概ね4/21~5/21頃になる)であり、旧暦では四月十五日になります。
我々が使用している太陽暦(グレゴリオ暦)では四月から五月頃の満月にあたるということから、結果的に概ね五月の満月に当たることになります。
また、ウエサク(Vesak/Wesak)という言葉は、ヴァイシャーカ(Visakha)が変化したものです。

ウエサク祭は仏教がインドから広まったとき、アジア各地(チベット、タイ、ミャンマー、スリランカほか)など多くの国の文化に伝播し、それぞれの文化特有の方法で行われています。

ウエサク祭のエネルギー

月というのは、太陽と対になって、太陽は顕現された力、月は隠された力を表します。人間が本来の姿に戻れば誰しも持っている力であるが、人間という経験をするために隠された力があります。それらの力を解放し、取り戻して行きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウエサク・五月満月の遠隔ヒーリング&アチューメント

遠隔ヒーリング&アチューメントは、自宅に居ながら、ウエサクのエネルギーを受取ることが出来る、遠隔セッションです。

満月のエネルギーが高いウエサク祭に合わせて、遠隔のヒーリング&アチューメントセッションを行いますので、隠された力の解放スピードを速くすることができます。また、ヒーリングも併せて行うので、自分自身が抱えている不要なエネルギーの解除も行うことができます。

そして、ウエサク祭と同じタイミングで行うので、京都鞍馬寺をはじめとして、アジア各地のウエサク祭のエネルギーも取り込むことができます。

遠隔ヒーリング&アチューメントのスケジュール

2017年に、京都鞍馬寺で行われるウエサク祭は5月10日ですが、満月になるのは翌日の5月11日の朝6:42になります。しかし11日の夜に祭事を行うのでは満月を過ぎてしまうため、満月をお迎えするために、5月10日におこなわれます。
そのため、満月との兼ね合いを考慮して、ウエサク祭当日の前後1日を含めた、3日間で実施します。
鞍馬寺で行われるウエサク祭の時間帯を考慮して、以下の日時で行います。

5月09日(火) 20:00-20:30 前夜セッション
5月10日(水) 20:00-20:30 ウエサクセッション
5月11日(木) 20:00-20:30 満月セッション

参加費用

1万円
※全3回分の参加費用になります。途中まであるいは途中からの参加でも金額は同じです。

支払について

支払期限は、遠隔セッション終了後から、5月19日(金)までにお願いします。
支払方法は、銀行振込になります。振込先などについては、お申込みされた方にメールで連絡します。

参加申し込み

以下のフォームから申込をお願いします。
参加セッション欄は、「ウエサク遠隔」と記入してください。
http://form1.fc2.com/form/?id=734667

参加申し込みされた方は、以下の説明を良く読んでおいてください

遠隔セッションに参加するにあたって

遠隔セッションに参加するにあたって
*2016/5/31 更新* 遠隔ヒーリング・アチューメント・セッションに参加する際の参加方法や注意点などについて記載します。 1....

参考 京都鞍馬寺のウエサク祭

ウエサク祭
京都鞍馬寺 五月満月祭
http://enlt.jp/ps/Wesak/