水星逆行 金環日食

年末年始は忙しくて、記事があまり書けてない状態でしたが、明日からは通常モードの土日になります。

現在、水星逆行中なので、コミュニケーション・ミスが起きやすい期間ですので、メールや電話・FAXなどでのコミュニケーションには注意が必要です。そして水星逆行が終わる前の日には、金環日食(1月15日)もあります。

以下は、NASAのサイトへのリンク。
http://eclipse.gsfc.nasa.gov/OH/OHfigures/OH2010-Fig01.pdf

この日食ですが、太陰太陽暦では、12月1日の日食になります。2009年は太陰太陽暦の閏月が入る年であるため通常年であれば、太陰太陽暦で1月1日にあたります。
1月1日の月食とほぼ同じ地域で見られるのが特徴で、1月1日の月食と1月15日の日食は2つで一つといったところです。

この日食の翌日に水星逆行が終わるので、この日を過ぎると物事が急に動き始めるように感じられますが、火星はまだ逆行しており、さらに前日から土星が逆行(不安定状態)しているため、気持ちだけ焦って中々先に進まない状態が暫く続きます。
さらに詳しい解説は、こちらになります。