東国三社

※2017.2.13更新
こちらのブログ記事と他の情報を取りまとめたページがあります。

東国三社
http://enlt.jp/ps/Togoku3/

ーーー

香取神宮、鹿島神宮、息栖神社の三社をあわせて、東国三社と呼ばれています。

この三社は、直角三角形の配置になっていることは、知られていますが、海との関わりという点ではあまり知られていません。

この三社の神は海からやってきたという言い伝えもあり、三社とも海に面して鳥居があります。

(1)香取神宮

Img_1957
(2)鹿島神宮

Img_1984

(3)息栖神社

Img_2019

海とのかかわりと言っても、現在ではいずれも内陸に位置する神社なので、わかりにくかと思いますが、古代の海岸線の図では以下のようになります。

(4)古代の海岸線
※以下の図は、学生社の書籍「鹿島神宮」から引用させてもらいました。T3map この図をみると、東国三社が、かつては海に面していたことが理解できると思います。

(続く)

(参考文献)

書名:鹿島神宮
出版社:学生社
http://www.gakusei.co.jp/tetugaku.htm

古代であそぼ > 関東の海岸線
http://www.d3.dion.ne.jp/~stan/kasi/k3_mgw1.htm

鹿島トライアングル ―東国三社と巨石信仰の謎―
http://www.ley-line.net/kashima/kashima_top.html

コメント

  1. Amano-Joke より:

    こないだ、鹿島にいきました。以前、この三社にも行った事はありますが、鳥栖以外は、この写真の鳥居はわからなかった。
    どこですか?
    最初にこの三社にいった時も、こないだも感じたのは、「地の果て感」です。
    海からきた神さまというより、自分は海に向かう、と感じました。
    それとは逆に、大洗の磯前http://oarai-isosakijinja.or.jp/
    では、海からくる「えびす・恵比寿・夷・蛭子」の感じです。
    良いことも悪いことも、海からくる感じ。
    そのうえで、静かないい場所でした。

  2. 八雲 より:

    Amano-Jokeさん
    鹿島神宮の宮司さんもその本の中で、地の果てみたいなことを書いていますね。
    この神宮ができたときは、大和朝廷の勢力の東の果てになるので、そういう感じもありますね。
    息栖以外の鳥居は本殿からは少し離れたところにあるのですが、その話は後続の記事で書ければと思います。