神社や神様に呼ばれるということ

神社や神様に呼ばれる時、予めその意味を教えてくれることは少ないのです。

ところが多くの人は、神社や神様に呼ばれたと話をすると、「なぜ」「なんのために」呼ばれたかということを知りたがります。

でも、その質問は間違っています。

神社や神様に呼ばれる時、ともかく行ってみると、新しい発見や出会いがあって、こういう意味だったのかとわかります。

新しい発見や出会いがあるから呼ばれるのです。

新しい発見や出会いがあることを予め教えられてしまうと、新鮮さが失われてしまいます。

なので、神社や神様は予めその意味を伝えないのです。

こういう場合、分る人が行く人に伝える時に、なぜ行くのかは「行けば分る」という言い方で伝えます。

私自身、何度もその言葉を、人からも、神様からも、言われました。

ですから、私は呼ばれたらその理由を聞かずに行くようにしています。

それは、霊的な成長の最短コースなのです。

コメント

  1. HTR835 より:

    はじめまして。つい先日、知らない道を夜に車で走っていた時なのですが、頭の中に道案内をする者がいる感覚があって、その通りに進んで、ここだよっていう場所をちらっと見たら神社の鳥居がありました。後々調べたらやはり近くに神社があって、、、これは呼ばれたのでしょうか。機会があれば参拝してみようとおもいます。

  2. 八雲 より:

    > HTR835さん

    初めまして。
    感覚的には私と同じですね。

    神社に呼ばれた時に、大切なのは「検証すること」です。
    呼ばれた時に、正しく呼ばれているのかどうかを検証するのはとても重要です。

    検証については、書くと長くなるので、後で記事として書きたいと思いますので、しばらくお待ちください。

  3. HTR835 より:

    お返事ありがとうございます。記事にして頂けるとのことで楽しみにしております。ちょうど返信を頂いた時間に訪問したのでびっくりしました(^-^;実は、八雲さんの記事を拝見するのは初めてだったのですが、私が呼ばれた神社が宮城にある八坂神社だったので、何かの縁もあるのかなと思いました。

  4. 八雲 より:

    > HTR835さん

    記事としてまとめました。
    http://en-light.net/archives/20876