神楽坂 毘沙門天 善国寺 今年最後の御開帳

神楽坂にある善国寺(善國寺)の「むかでのひめ小判守」を以前紹介していますが、

今年最後の御開帳が、9月12日(火) 9:00-17:00頃に予定されています。
「むかでのひめ小判守」の頒布(1体1000円)は御開帳日のみ、お受けできます。

今年最初の御開帳の様子:

雲一つない快晴の空の下、 神楽坂の毘沙門天・善国寺(善國寺)に行ってきました。 ひとまず、参...

関連記事:

神楽坂にある毘沙門天善国寺(善國寺)の御開帳日は、5月3日(水)9:00-17:00です。 御開帳日には、むかでの姫小...

毘沙門天善國寺公式HP
https://www.kagurazaka-bishamonten.com/

コメント

  1. es-kay より:

    以前の記事で、一陽来復守りとひめ小判守りを分けた方が良いということで、
    私も両方持っていまして、
    前者は良いのですが、後者の例として預金通帳を挙げてらして、
    ネット上のみで管理していて預金通帳をやめてしまった私はどうしたらいいだろう、
    と思ったことを思い出しました。
    とりあえず、
    キャッシュカードやクレジットカードを入れているカード入れに入れてますが、
    もし宜しければ、良い例をご教授頂ければありがたいです。

  2. 八雲 より:

    > es-kayさん

    一陽来復守:お金を循環させる
    むかでのひめ小判守:引き寄せる
    という働きになりますが、クレジットカードはその機能を考えると”お金が循環”する方になるので、現金の財布があるなら、
    カード入れ:一陽来復守
    現金財布:むかでのひめ小判守
    とした方が良いです。

  3. es-kay より:

    適切なご助言を下さり、ありがとうございます。
    カード入れと現金、更に現金はお札と小銭を分けて、
    穴八幡宮の福財布に入れて持ち歩いています。
    カード入れと現金財布と、逆だったんですね。
    早速実践します。