11年ぶりの大規模太陽フレア

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が、昨日の大規模太陽フレアに関してプレスリリースを出しています。

要約すると、

(1)2673黒点群で、9月6日(水)20:53ごろ、X9.3の大規模太陽フレアが発生。このクラスの現象は、2006年12月5日に観測したX9.0以来11年ぶり。

(2)地球方向へ放出されたコロナガス及び高エネルギープロトン粒子は、日本時間の9月8日(金)15時から24時ごろに到来すると予想。

(3)コロナガスは今後1週間ほど、GPSや衛星通信等に影響を与える可能性があり注意が必要。

とのことです。

GOES衛星のデータで見ると、現在も中規模(Mクラス)の太陽フレアが続いており、X1.3の太陽フレアも発生しています。

このグラフで、X10が実質的な上限になっているのを見ると、X9.3が滅多にない大きな太陽フレアであることがわかります。

身体的&精神的な体調には十分注意してください。
身体的&精神的な浄化プロセスが始まる人もいます。その場合、一日1リットル以上の水を飲んで、浄化をスムーズにすることが必要です。

詳しくは以下の記事を参照してください。

大規模な太陽フレアが発生すると、それが原因で体調不良になる場合があります。 太陽フレアは、太陽の表面の黒点群とその...

NICTプレスリリース
通常の1000倍の大型太陽フレアを観測
~11年ぶり、地球への影響は9月8日午後の見込み~
https://www.nict.go.jp/press/2017/09/07-1.html

グラフ引用元:
宇宙天気ニュース
フレアの自動検出
http://swnews.jp/rt/goes_xray.html