神無月は神社に神様がいない?

神無月(かんなづき)

10月も末になってきましたが、旧暦ではまだ九月の中頃になります。
神無月は、本来は旧暦十月のことですが、明治時代に新暦(グレゴリオ暦)に改暦したこともあって、新暦10月を神無月と呼ぶようになりました。本来の神無月である旧暦の十月は、11/18(Sun)から始まります。

神無月は神社に神様がいない?

神無月の説明では、
「神々が出雲に集まるから、出雲以外は神がいない月として神無月と言われています。」
といった説明が多いのですが、実体はそうではありません。

神無月は出雲地方だけの呼び方だった

神無月というのは、そもそも出雲地域だけで使われていた表現です。

ここで「神」というのは、出雲地域の各地を納めていた長(おさ)のことで、それらの人を「カミ」と読んでいました。いまでも、政府・行政を「おカミ」と呼んでいるのと同じですね。

日本語は、音が先にあって、中国から入ってきた漢字を当てはめていったので、漢字の「神」ではなく、音である「カミ」の方が古くからある言い方になります。

神無月になると、農作物の収穫もほぼ終わり、収穫高がはっきりするので、これから一年の計画を立てられるようになります。そこで、出雲地域各地の長であるカミが一同に会して、これから一年の計画を立てる月なので、各地域にはカミがいなくなるということで、神無月という名前で呼ばれるようになったものです。

そもそもは出雲地域だけの言葉であったのが、国譲りの時に、国を譲ってもらった替りに出雲を引き立てておく方法の一つとして、神無月というのを持ち出してきて、全国的な言葉になったという経緯があります。

神無月でも神様は神社にいます

なので、神無月でも、日本各地の神社にはちゃんと神様がおられます。
この頃は、季候も穏やかで各地で紅葉も見られる良い時期ですから、神社参拝にちょうどいい季節です。