穴八幡宮参拝と恵方神社参拝 [2017年冬至]

概要

早稲田穴八幡宮で金銀融通の一陽来復御守を御受けし、穴八幡宮から2018年度の恵方にある神社に参拝する、恵方神社参拝を行います。(今回はワークショップではありません)

代理参拝(一陽来復御守の御受け・穴八幡宮参拝・恵方神社参拝・御守の郵送)も受付します。代理参拝については、別記事で書きます。

日程

2017年12月22日金曜日

参拝スケジュール

※以下のスケジュールは、昨年の経験値を元にした目安になります。
09:00 早稲田穴八幡宮前集合
10:30頃 早稲田穴八幡宮出発
13:00頃 恵方神社参拝

集合地点

早稲田穴八幡宮の入口鳥居前。
写真左手は、交番です。

img_3418

アクセス

地下鉄の駅から近く分かりやすいので、東京メトロ東西線が一番便利です。
東京メトロ東西線 早稲田駅 2番出口を出て、左に真っすぐ約200m。

img_5441


大きな地図で見る
服装について

穴八幡宮では、一時間以上寒い中を並ぶ可能性があります。
当日の天候による温度変化もあるので、暖かく・温度変化、天候変化にも対応できる服装でお願いします。

恵方神社への参拝

穴八幡宮参拝後に恵方にある神社に向かいます。

恵方にある神社は、お勧めの神社です。

ただし、周辺にめぼしいスポットがあるわけでもなく、観光で訪れるような人がいない場所です。

恵方神社への参拝はクルマ・バス・電車での自由参加になります。
※私はクルマで移動しますが、スケジュールの関係で同乗はできません

恵方神社を集合場所としてそれぞれ個別に移動することになります。
自由参加のため、はぐれたり、遅れた場合のフォローはないので、注意してください。

滞在時刻は、13:00-14:00頃を目安に考えています。
恵方神社での現地集合・現地解散が基本になります。
その次の神社に行くかどうかは、当日の天候と交通状況次第です。

参加申込された方には恵方神社に関する情報をメールでお伝えします。

クルマで行く場合

[必須]
クルマで行く場合、早稲田の穴八幡宮からの移動になるので、以下の二つは必須です。
(1)目的地へは案内のない地方道経由なのでカーナビ(スマートフォンのカーナビでも良い)
(2)アクアラインを通るためETC
※アクアライン普通車片道 ETC割引料金:800円 一般料金:3,090円
なお、強風の場合アクアラインは通行止めになることがあり、その場合は千葉市→市原市経由で行くことになります。

[食事]
るるぶ他の情報を頼りに選びますが、良い店という保証はできません(笑)

電車・バスで行く場合

[場所]
恵方神社周辺には海岸があるだけで、他に見どころはありません。るるぶなどの観光ガイドには載らず、知名度もないけど、お勧めの神社です。

[ルート]
電車・バスの場合、いくつかのルートがあるので、どのルートが良いのかはご自身で調べて利用してください。

探す場合は、
東西線 早稲田駅 10:30-11:00頃発
内房線 佐貫町駅 着
で探すと(Googlemap)、JR内房線ルートとアクアラインバスルートの2パターンがあります。

内房線佐貫町駅は朝夕を除けば、1時間に1本電車が停車する(リンク)単線駅のため、パターンが違っても到着時刻は同じ時刻になります。また、帰りの電車の時刻も予め調べておいてください。

他には、時間調整が難しそうですが、三井アウトレットパーク 木更津(リンク)行きのバスとJR内房線を使うと言う手もあります。

佐貫町駅から、恵方神社へは徒歩20分ぐらいですが、看板などの道案内はありません。
駅前にはタクシー会社があるので、数人でタクシー利用がお勧めです。

[バス停]
佐貫町駅から恵方神社前方面に路線バスがありますが、バスは朝夕に4便しかないので、時間が合いません。

[食事]
食事については、佐貫町駅前に食事できるお店が三軒ほどあります。また、恵方神社から徒歩20分ほどの所にカフェもあります。
移動時間も長いので、駅弁等を利用する方が確実だと思います。

参加費用

[穴八幡宮のみ参加]
参加費用は不要です。

[穴八幡宮と恵方神社に参加]
今回は、他にめぼしい所があるわけでもない、行って帰って来ると言うパターンなので、参加費用についてはドネーションとします。幾らでも構いませんので、参加費用は、ご自身でお決めください。

参加申込

以下のフォームからお申し込み下さい。

冬至2017参加申込
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=1c9f44bc4c26b921