潜在意識書き換えの鍵|潜在意識の思考は現実化する(その8)

※潜在意識の思考は現実化する|その7(リンク)から続く

潜在意識を書き換える

ここまでは、「潜在意識に情報を送り込む」という言葉を使っていました。この表現はこれからみなさんが行うことを正しく表現しているのですが、実践においては、「潜在意識を書き換える」というフレーズの方が短くて覚えやすいのでこれ以降はこちらの表現を使います。

潜在意識は簡単には書き換えできない

潜在意識は、簡単には書き換えできないようになっています。
なぜなら潜在意識は、あらゆるものを生み出すという機能を持っているので、簡単に書き換えができてしまうと、一瞬にして世界が混乱し消失してしまうからです。

私たちが、本やネットで新しい知識を覚えるのは簡単ですが、これは顕在意識の働きだからです。顕在意識は、日々の変化に対応するために、新しい知識を簡単に取り込むことができるようになっています。
しかし、潜在意識はこのようには行きません。

書き換えの鍵

私たちの社会生活では「簡単」で「効率的」に物事が行えることは、とても良いことだとされています。仕事でも家事でも勉強でもお金の使い方でも、いつも無意識的にそれを追求しています。
これを具体的に言えば、「ラクして結果が出せた」とか「同じものを安く買えた」というになり、普通これらは良いことであるとされています。

なので、潜在意識を書き換えることも、つい無意識的に「簡単」で「効率的」にやろうとしてしまいますが、それは失敗への最短コースでしかありません。

書き換えの鍵とは、「繰り返し」と「感情」です。

具体的な方法については、アファーメーションやイメージ法などいくつもあります。それらの方法については後でお話ししますが、それらの方法に共通している鍵が「繰り返し」と「感情」です。

※その9(リンク)に続く