2017年 冬至 遠隔ヒーリング「潜在的な能力を取り戻す」参加受付中

2017年冬至の遠隔ヒーリングのテーマは、「潜在的な能力を取り戻す」

冬至(とうじ)

今年の冬至は、12月22日(金)です。

冬至は、二十四節気の一つで、毎年12月22日かその前後になります。
北半球では、日の出から日没までの時間が一番短かく、日中の太陽高度が一番低い日であり、日出・日没の方角が最も南寄り。

太陽高度が一番低くなり太陽エネルギーも低くなるため、古代から冬至になると太陽の力が最も弱まると考えられ、陰陽の考え方では、“陰極まる”になります。
陰極まれば、これ以上の陰になることはなく、“陽に転ずる”ので、太陽の力も冬至を過ぎて再びよみがえることになります。

●冬至(とうじ:the winter solstice) 二十四節気の一つで、グレゴリオ暦では大体12月22日頃に...

遠隔ヒーリングについて

遠隔ヒーリングでは、「ヒーリング+アチューメント+チューニング」を行います。全ての名前を連ねると長くなってしまうので、タイトルではヒーリングだけを使っています。

・ヒーリング
ヒーリングは日本語で、癒し・回復と言われるように、低下したり偏ってしまった身体・精神エネルギーを元の状態に戻します。

・アチューメント
アチューメントは、自分自身のバイブレーションをさらに高めることによって、身体・精神の活動を高めます。霊的なエネルギー回路を開くことにもなります。

・チューニング
チューニングでは、バイブレーションを整えることで自分自身のテーマに向かいやすくしたり、自分の望む方向に向かえるように調整します。

ヒーリングやアチューメントがエネルギーを垂直方向に上げて行くのに対して、チューニングでは自分の方向性という水平方向のエネルギーを調整します。
これまでの垂直方向の変化に加えて水平方向の変化が加わるので、遠隔ヒーリングを受けた人がより自由に動けるようになります。

潜在的な能力を取り戻す

2017年の冬至遠隔ヒーリングのテーマは、「潜在的な能力を取り戻す」です。

私たちは、誰しも元を辿れば神であり、全知全能の存在でした。
その存在が肉体を持つ個人という体験をするためには、全知全能ではなく、無知無能の赤ん坊として生まれて来る必要がありました。

無知無能の赤ん坊は、全知全能を失ったわけではありません。
全知全能を忘却することで、無知無能という赤ん坊として生まれて来ることができました。

生きている間は肉体があるので、全知全能になることはできませんが、忘れてしまった潜在的な能力を取り戻すことはできます。

忘れてしまっただけなので、潜在意識を活用することで、潜在的な能力を取り戻して使うことができるようになります。

日時

12月21日(木) 21:00-21:30
12月22日(金) 21:00-21:30 冬至
12月23日(土) 21:00-21:30
上記は、当日中であればタイムシフトで受け取ることもできます。

参加にあたって

遠隔セッションに参加する際の参加方法や注意点などについて、予めこちらの記事をお読みください(必読です)

*2017/6/17 全面的に改訂 *2017/6/19 一部改訂 遠隔ヒーリング(ヒーリング+アチューメン...

参加費用

1万円
※全3回分の参加費用です。
※途中まであるいは途中からの参加でも金額は同じになります。
※振込先や振込期限などについては、お申込みされた方にメールで連絡します。

参加申し込み

以下のフォームからお申込みください。
参加セッション欄に、「2017年冬至 遠隔ヒーリング」と記入してください。

遠隔ヒーリング参加申込
https://form1.fc2.com/form/?id=734667