科学的でない?

ニュースで、「○○は科学的でない」というのが最近ありましたが、そもそも「科学」とはどういうことなのかを書いておきます。

科学というのは、「現象を観測して、他人でも理解できる体系的な知識を得るもの」であり、その現象は何か特定のものに限定しているわけではありません。
なので、「○○は科学的でない」というのは、科学の定義から言い直せば、「○○については、現在私が持っている知識と経験の範疇外である」と言っているだけです。

科学は、あくまでも知見であり、科学が現象を起こしているわけではありません。
医学の世界で言い直すなら、医学はあくまでも知見であり、医学が病気を治しているのではなく、現象が病気を治しているということです。

自分たちの知識・経験にない現象を理解しようとすることが科学的態度ということです。

こちらの記事が、参考になるので、リンクしておきます。

「科学とは肯定のための否定の連続」益川敏英・京大名誉教授、UFOについて答える
http://www.news.janjan.jp/culture/0901/0901084999/1.php