神は遍在する

神は何処か特定の場所に存在するわけではありません。

神は遍在します。

ところで、遍在という言葉ですが、非常に良く似た言葉で、偏在というものもあります。
読みはどちらも「へんざい」ですし、漢字も良く似ているので、間違った解釈がされていることがあります。
なので、ここで「へんざい」について、明確に分けて書いておきます。

遍在(へんざい):どこでも、いつでも、満遍なく存在していること。物質レベルを超えた世界、全ては一つ。

偏在(へんざい):かたよって存在していること。物質レベルの世界、二元的な分離世界。

神は、かたよって特定の場所に存在しているのではなく、あらゆる場所に偏りなく存在してます。なので、遍在しているのです。

神社に神が現れるのは、遍在している神を、感じ取りやすい場所として神社があるからです。
別の言い方をするなら、「現れ」を感じやすい場所が神社なのです。

関連記事

●神は遍在する 神は聖地や神社だけに居るのではなく、どこにでも存在します。 それを遍在(へんざい:あまねく存...