年寄りがわがままなのはなぜ?

スピリチュアル・カウンセリングで相談されることの多い話題です。

年をとって、ますますわがままになる人がいます。
なぜこうなるのでしょうか?

人は子供として生まれ、成人し、やがて子供に戻るからです。

グラフにしてみるとこんな感じ。

緑色の線で表している人は、年を取るとわがままになります。
でも、これは子供に戻っているということです。
子供って、世間知らずでわがままで言うこと聞かないですよね。
そこに戻っているだけなので、本人にとっては、わがままでいることはごく自然な感覚です。

ほおっておくと、人はこうなるようにできています。
顔を見て年寄りだから、大人だと思っちゃだめです。
見かけは年寄り、中身は子供なんです。
年をとってわがままになるのは自然なことです。

赤色の線で表している人は、人として成長を意識して生きている人です。
こちらの人も、子供に戻るということは変わらないのですが、人として成長しているので、年をとっても、わがままになることなく、良い年寄りになって行きます。

こちらの生き方で年をとって行きたいですね。

(続きがあります)

年寄りがわがままになるのは子供帰りするのが理由ですが、なぜ年をとると子供帰りしてしまうのでしょうか?

コメント

  1. ミケニャンコ より:

    歳を取ると子供と同じで、何かに頼って生きて行くようになると思います。
    その中で、自分の思い通りにならなかったら。
    子供はそれが段々できるようになっていくのに対し、歳を取るとできなくなることが増えて行く、そのため、できることは人の事など考えずにやりたいと思うようになるのではないでしょうか。
    私も、ずいぶんわがままになったと思います。それを世間では「おばちゃん」と呼ぶようです。

  2. akismile より:

    歳を取ると、わがままになりこども帰りするのが人間の自然な姿であるのならば、
    人として成長する生き方を選び、
    良い年寄りになる事を目指すことは、自然の流れに反して不自然な事なのでしょうか。

    だとすれば、
    自然の流れに逆らうのですから、人として成長するように生きるのは、
    中々大変で、しんどいのは当たり前かもね?と、合点がいきました。

  3. 八雲 より:

    > ミケニャンコさん

    年をとると、出来ないことが増えるけれど、その一方で経験値も増えています。
    年をとるというのは経験値が増えるので、経験という引き出しが増えていることに気が付くと、人生は豊かになります。

    > akismileさん

    子供帰りも自然なことですが、成長も自然なことです。
    山々の木々は、人が関わらなくても成長します。自然界の動物たちも人が関わらなくても成長します。人間の子供も、成長します。あらゆる生き物は成長して行くのですから、成長することは自然なことです。

    グラフを見ればわかるように、子供帰りの力と、成長の力が、誕生から社会人までは同じ上向きなのに対して、年をとって行くと下向きと上向きの反対の方向性を持つために、大人から老年になって行く過程では成長するためには、それまでとは違った大きなエネルギーが必要になります。だから、ほおっておくと成長しないで子供帰りだけになってしまう人がいるのです。