運命と宿命-変えることができる運命

運命とは?

運命とは、
・自分の意志に関わらず、我が身に降りかかって来る出来事
という意味で使われます。

通常はこれで正しいのですが、私たちの世界を説明するには運命という言葉だけでは不十分です。

そのため、スピリチュアルでは、宿命と運命の二つで説明します。

宿命と運命

1.生まれる前に決めている事=宿命(既に宿っている命)

誰を親にして生まれて来るのか、性別は何か、何番目の子供として生まれるのか、体格はどうなのか、どんな基本的個性をしているのか、など。
これらは、生まれた後に自分では変更できないものです。
また、将来どこに行ってどんなことをするのかといった、人生のプランも大まかに決まっています。

※こちらの記事(リンク)のブループリントのこと

2.自分の自由意志で決める事=運命(自分の意志で運ぶ命)

人が生まれ、育っていく中で、自分自身の意志で選択できることは沢山あります。
日常の選択や人生の岐路など、予め決まっておらず、その時々に自分の意志で選択するものが運命です。
これらは、自分の意志で変更できます。

※こちらの記事(リンク)のホワイトペーパーのこと

なお、寿命がいつなのかについては、宿命で決まっていることもあれば、運命で決まることもあります。寿命については、やりたい事を全うしたかどうかで決まることが多く、単純に年齢で決まっているとは限りません。

変えられないのは宿命 変えられるのは運命

ここまで説明してきたように、スピリチュアルでは、
・宿命は変えられない
・運命は変えられる
となります。

カウンセリングやヒーリングで変えられるのは運命

運命は、自分の自由意志で決めることができます。なので、スピリチュアル・カウンセリングやヒーリングで運命を変えることができます。

ところが、「カウンセリングやヒーリングで運命を変えることができます」という言葉が、独り歩きして、一般的な意味での運命で、「変えることができない運命をスピリチュアルで変えることができる」という誤解を生じることがあります。

スピリチュアルな正しい理解は、
1.宿命:生まれる前に決めている事は変えられない
2.運命:自分の自由意志で決める事は変えられる
となります。

あなたの未来は運命にある

スピリチュアル・カウンセリングでは、宿命に抵抗している人が来られることがありますが、宿命に抵抗しても、あなたに明るい未来がやって来る訳ではありません。
あなたの明るい未来は、自分で選択する運命にあります。

コメント

  1. より:

    八雲さま

    自分に宿命だとか、使命だとか
    感じられるものあるとして、

    宿命は運命がどう転んだとしても、
    繋がっていますか?

    どうしても、それを遂げたいと
    自分が感じているのなら。

    ホワイトプリントに書いたけれど、
    邪魔が入ったり、
    何かの理由で一時
    見合わせなければならないとしても。。。

  2. 八雲 より:

    > 忍さま

    宿命は、必要なタイミングで、起こるべくして、それは自動的に起きます。
    なので、そういう心配は不要です。

  3. より:

    八雲さま

    お返事ありがとうございました。

    少し楽になりました。