自分のガイドさんとの関係について(その2)

※その1(リンク)からの続き

ガイドさんから何かを教えてもらうとということは、突き詰めれば自分に教えてもらうことです。

突き詰めればそういうことになりますが、私たちは、「私」という個人を体験するためにこの世に生まれてきています。だから、「私」以外の人間や高次元存在から情報を得るということを体験するために、生きているとも言えます。

だから、ガイドやその他の高次元存在に色々と聞いたり、情報を得るということは、この世において重要な体験です。スピリチュアル・カウンセラーに聞くというのも同じで、自分以外の人から情報を教えてもらうということで、「私」という個人を体験できるわけです。

重要なポイントは、ガイドさんは、「今の時点」で必要な情報を教えてくれるということです。これは、スピリチュアル・カウンセリングでも同じです。

本人が、試行錯誤して見つけることが必要な場合は、最終的な答えではなく、試行錯誤に必要な情報を教えてくれます。
そろそろ結論を出す必要がある場合は、結論を教えてくれます。

この世に生をうけて生きている主人公は、あなた自身です。
ガイドがあなたの人生の答えを出すというのは、あなたを差し置いて、ガイドが主人公になってしまいます。これでは本末転倒です。

ガイドは、あなたが自分らしく生きる上で、あなたが主人公であることを尊重しますから、最終的な答えではなく、色々と試してみる必要がある時は、試してみるために必要な情報を教えてくれます。

あなたの人生を決めるのは、ガイドではなく、あなた自身です。
それを踏まえて、ガイドさんの情報に接してみてください。

こちらの記事も参考にしてみてください。

占いとスピリチュアル・カウンセリング
http://en-light.net/archives/2091

コメント

  1. より:

    こんばんは。
    何回も読んで、考えました。
    必ずしもガイドさんが教えてくれる答えが、自分の思い描く都合の良い到達点に行くためのモノではない、という事ですよね。
    それを踏まえても、何かを聞きたいと思いました。上手く言えませんが、今の時点での取っ掛かりだけでもお伺いしたいです。
    ガイドさんにも、八雲さんにも。
    近いうちに、時間を作って予約させていただきます。
    ありがとうございました。わかりやすい記事を書いてくれて。読まなきゃ、ガイドさんの事も都合良く考えていました。