ヒーリングの可能性

私自身、放射線というのは、これまで自然放射線かレントゲンくらいしか経験がなかったので、調べてみていなかったのですが、放射線被ばくに対しても、効果の可能性があのか、調べているところです。というのも、人体はもともとはエネルギー体であり、このエネルギー体から物質的な肉体が現れているということですし、また、放射線が存在するというのは物質レベルの話なので、エネルギー体をヒーリングすることは被ばくへの対応も可能性があると思います。

真の覚者であれば、エネルギー→物質への転換を行うことが可能であることを考えても、エネルギーレベルにおいてヒーリングをすることが肉体レベルの損傷を回復に向かわせることができるということも言うことができます。また、がん患者が覚醒すると、がんが消えるというのが、医学的には理解不能であっても、事実として存在するわけですから、放射線についても同じことが言えるのではないかと思います。
むろん、肉体レベルの大きな損傷については、外科・内科の治療によるものの方が良いのですが、低レベル量の場合は、ヒーリングを併用することでより効果性があると考えています。

放射線については、そもそも自然に存在するものであって、十分に低量であれば、むしろ有用なものであることは放射線医療や、ラドン温泉などでよく知られています。量が多いと問題になるのは、何も放射線に限ったことでありません。