人とは矛盾した存在である

矛盾した二つの考えを同時に持つ経験は誰しもあります。
人とはそもそも、矛盾したことを同時に考える存在ですから、

「人とは矛盾した存在」

なのです。

分りやすい例を挙げると、
ダイエットしたい人は、
・食べたい
・痩せたい
ということを同時に考えます。

その二つの「~したい」の間で心が揺れます。

人は、生まれ育っていく過程で、様々な体験を経て、学び成長していきます。
この体験のバリエーションが、広がりを持つことができるように人は創られています。

なので、人の心の中には、矛盾した考え方を同時に複数持つことができるようになっています。それは、様々な立場から物事を見ることができるようになるためです。

先ほどの、二つの「~したい」の間で心が揺れるのを、動揺と捉えることもできますが、
二つの立場を往復して体験しているという捉え方もあります。
つまり、
・食べたいという立場から物事を見て考える
・痩せたいという立場から物事を見て考える
の二つの立場から物事をそれぞれ見て考えているから、様々な体験をすることができるようになっています。

自分が、矛盾した複数の考えを持っている時は、それぞれの立場を心の中で体験できるチャンスと捉えてみてはいかがでしょうか?

コメント

  1. おとぎバナナ より:

    美味しそうなソフトクリーム!
    どこのでしょう?
    召し上がりながら、
    痩せたいと思っておられるのですね、
    八雲さんはw。

  2. 八雲 より:

    > おとぎバナナさん

    鹿島神宮の湧水茶屋 一休のソフトクリームですが、
    http://en-light.net/wp-content/uploads/2018/05/IMG_5140.jpg
    スジャータの冷凍パック型のもの(商品名はシルクアイス)で、口当たりはちょっと落ちます。以前は、いかにもソフトクリームの代用品という感じでしたが、数年前にモデルチェンジしてかなり良くなりました。

    スジャータ シルクアイス
    https://www.sujahta.co.jp/tomi/machine.html

  3. おとぎバナナ より:

    鹿島神宮でしたか!
    お団子屋さんのところですね。

    コーンがクッキーだし、
    包装紙がシックだから、
    スジャータのだとは感じませんでした。

    鹿島神宮、
    またお参りしたくなりました(^^)