日食 11/25

※以下は全て、UTで記述
UT:Universal Time = 世界時 → グリニッジ標準時と同等
また、画像はNASA eclipseサイト(http://eclipse.gsfc.nasa.gov/OH/OH2011.html)から引用させてもらっています。

今日(11/25)は日食があります。南極で発生するので、日本では見られません。

今回の日食は、今年2011年の一連の日食と関連しています。

1月4日 北極から欧州・アジア・アフリカ地域

20110104_2
6月1日 北極から北米、極東地域

20110601
7月1日 南極地域

20110701
11月25日 南極地域

20111125
今年の日食は、北極と南極の両地域で発生していますが、これは地球の軸をゆさぶる、つまり全地球的な変化を表しています。

そのため、世界的に政権交代や世界のエネルギー構造の変化、ユーロの金融危機など、社会的な大きな変化が起きているわけです。また、来年は国レベルでの首長選挙が続き、政治が大きく変動することになります。

また、個人レベルでは、人生そのものを見直したり、大きな転機が訪れたりすることになります。

そして、来年は、金星の日面通過=ビーナストランジット(http://oyashima.jp/lib/pg006.html)もあり、人々の価値感や世界観が大きく変化することになります。