ひとりひとりが創造主である

私たちは、ひとりひとりが自分の世界の創造主(そうぞうしゅ)です。

例外はありません。

そして、人間には、肉体的な側面と、本質的な側面があり、通常は肉体的な側面だけが認識されています。

これは分離的な体験をするために創造したものであって、人間本来の姿ではありません。

人間の本来の姿は、創造主としての本質的な側面になります。

しかし、肉体を纏っているときは、分離的な体験をするために、本質的な側面というのは、分かりにくいか、まったく見えない状態になります。

そのため、肉体的な側面を人間本来の姿であるという勘違いが生じます。

スピリチュアルな成長を目指すのであれば、人間は、本質的な側面(エネルギー的)が本来の姿であることを理解することが重要になります。