守護霊は存在するのか?

守護霊を感じられる人、感じられない人の両方が存在するので、守護霊は存在するのか?という問いが時々あります。

この場合、多くは肉体的な視点から見た回答です。つまり、肉体が自分本来であるという考え方・見方から思考しているわけですが、肉体から見れば、様々な体験をするために、上位次元が見えない方が良いこともあるので、守護霊を感じられる人、感じられない人の両方が存在することになります。なので、存在するのかどうかという問いがあるわけです。

もう一方の、創造主からの視点で考えると・・・

もう、絶対的に存在しているわけですね。存在しないわけがない。

創造主であるあなたが、肉体的な体験を創造しているわけですから、

「本来のあなたである創造主」
      ↓
「肉体的な体験をしているあなた」

という関係になります。

ここで、本来のあなたである創造主は、様々なものを創造できますから、創造主を守護霊として見せたり、守護神として見せたりできるわけです。その見せ方も自分自身、つまりハイヤーセルフとして見せたり、先祖として見せたり、あるいは過去世として見せることもできます。

なので、守護霊(あるは別の表現としてのあなた自身)は、あなたが存在する限り絶対的に存在しているわけです。ただし、それが見えない、あるいは感じられないという状況が起きていることはありますが、それでも存在していることに変わりはありません。

コメント

  1. Amano-Joke より:

    一瞬、一瞬、立ち現れる自分を創っている自分だし、
    ホントのところは時間は存在しないから、守護霊さんも自分なんだよね。
    だから、守護霊が存在する、というヒトには存在するし、
    存在しない、というヒトには存在しませんよね。
    つまり、存在するのか、しないのか、という論争は、決着しないと思います。(。・w・。 )

  2. sumie より:

    そういうことだったのですね。
    守護霊というと私はてっきり、いわゆる、霊、のようなものしか考えが及びませんでした~(・・?))
    最近少しづつ想像&創造力がついてきたせいか(笑)自分のガイド的存在が身近に感じられるようになりました。
    呼んでも来てくれる気配もないし、私にはガイドさんがいないのかな〜と思っていましたが
    ガイドさんは私が気づくまで待っていてくれたんですね(^O^)
    というか、そういう存在を想像&創造してもいいなんて、思いもよりませんでした。
    これからガイドさんともっと仲良くしていきたいです。