2012年夏至は、スピリチュアルな変化点

最近、カウンセリングに来られる方に共通することがあります。

それは、

・将来(未来)が見えない、想像できない、分からなくなった

・これからどうしたいのか、自分でもわからない

・ビジョンが見えなくなった

など、これまでは自分自身がこれから先どうしたいのかが分かっていたのに対して、日食から月食~夏至の期間においては、自分がどうしたいのか、どういう将来に向かうのか、何がしたいのかわからなくなった。

あるいは、

・最近自分のスピリチュアルな状況が変わったのではないか?

・運気が落ちているのではないか?

といった質問です。

これらに共通するポイントは、「変化点」にいるからそうなったということです。この変化点のポイントは、ピンポイントではなく、人ごとに幅があります。

以前から書いてますが、昨年から今年・来年に掛けては、変化の真っただ中にいる状態です。その変化は、構造的なので、社会的なものもあり、個人的なものもあります。

この時期は、「未来が見えない」「どうしたらいいのかわからない」「ビジョンが見えない」というのは、異常でもなんでもなく、正常な反応です。

というのは、これまでのトレンド(流れ)から、変化点を通過することで、トレンド(流れ)が大きく変化していく最中に我々はいます。

なので、これまでの方向性ややり方などを、延長して何かをやろうとすると、「うまくいかない」「急に中止になる」「理由は分からないけど、辞める」といったことが起きます。これらは、一見すると、良くない状態に思えますが、トレンドが変化している以上は、これまでのトレンドではダメであるということを、事象的にメッセージとして伝えている状態です。

つまり、変化の最中にいるから見えない、ということです。

変化のトレンドが落ち着くのは、短期的には7月頃、長期的には来年の夏至の頃となるので、人によって落ち着く時期は大きく差があります。しかし、この変化の波はいずれ落ち着きます。

ということで、この時期は、未来が見えない・わからない、あるいは、自分自身がどうしたいのかが分からないというのは、異常ではなく、自然な現象であるということです。

コメント

  1. ike より:

    いままさにこんな状況です。終わりが見えないので毎日がつらい状況ではありますが。。。

  2. Amano-Joke より:

    日食も過ぎたし、ヴィーナストランジットもにすぎたのに
    (;ω;)ツライ・・・。
    混乱しているこんな時は、今やってることを投げ出してしまって、新しい事に目が向きます。
    でも、それも違う気もします。
    それでも新しい考えをなんとかつかみたいのです。長期としたら来年までですか(遠い目)

  3. はぁぷ より:

    確かに去年くらいから何か将来のビジョンを考えてみようとはするのですが、その意識の流れにストップがかかります。
    まあ、それなら考えなくてもいいや、とわりと肯定的に考えていました。
    最近は特にぼーっとしてますし。(^_^;)
    やくもさんが、他の記事にコメントを寄せられていた方の返信として、
    1.計画することより、しなやかに対応すること
    2.やみくもに情報を集めることより、何が根底で起きているのかを観ること
    3.未来への地図を考える前に、現在の立ち位置を確認すること
    4.昔学習したことのうち役に立たないものを捨てて、新しいことを学ぶこと
    というのが参考になるかと思いました。
    自分の今の足元を見ながら過去にも未来にもすっとばずに行きたいと思います[E:note]

  4. 八雲 より:

    ikeさん
    そろそろ、夏至の影響は脱したでしょうか?
    Amano-Jokeさん
    今年は、色々と天体イベントが多い年なので、もうこういうのが普通なのだと思った方がいいかもしれませんね。
    はぁぷさん
    今年は、いつもとは違う年なので、過去の延長線上で考えるのを止めるのも一つの手です。