スピリチュアル(霊的)な道を進むとき

禅において、「仏に逢うては仏を殺せ」という言葉があります。殺せなんて、えらく物騒な言葉ですね。

でも、この言葉には、もっと深い意味があります。
簡単に言えば、

「お前自身が仏なのに、お前の外側に仏を見てどうする」

ということです。

つまり、自分自身が仏(あるいは神)であるのだから、自分自身の外側に仏(神)を求めるというのは、自分自身の覚醒を遠ざける結果となってしまう。だから自分の外側に仏(神)を見たなら、その思いを消去して、自分自身が仏(神)であることを、思い出さなければならないということです。

しかし、スピリチュアル(霊的)な道を進むときには、いきなりこのレベルに到達することは難しいのが現実です。なので、最初の段階では、自分の外側に仏(神)を見るという段階を経験した後に、自分の内側に仏(神)を見るという段階になります。
その時に、ついこれまでの経験の癖で、自分の外側に仏(神)を見てしまう人に対して、「仏に逢うては仏を殺せ」という言葉が必要になるということです。