一度で全て悟り切る人はいない

悟りは始まりである

悟りとか目覚めというのは、始まりであってゴールではありません。ですから、一度で全て悟り切る人はいません。
悟るという経験は意識の転換を引き起こしますが、意識全てが一度で転換するわけではありません。

完全に悟るためには、エゴの消滅が必要ですが、悟った時にエゴは消滅するのではなく、減少するのです。どれくらい減少するのかは、人によって、また時によって異なり、大きく減少するときもあれば、わずかにしか減少しないこともあります。

悟るというのは、スピリチュアルに物事の本質を知る瞬間ですが、その後でもエゴは残っているのが普通です。悟ることで物事の本質を知っているにもかかわらず、エゴが本質とは反対の言葉を発したり行動するという、一種矛盾した状態になります。これは珍しいことではなく、悟りにおいては非常に良く見られることです。

良くある勘違いは、「一度悟ればそのまま悟ったままでいることができる」というものです。このようになる人が居ないというわけではありませんが、これは非常にまれな出来事です。ほとんどの場合、悟りを何度も繰り返していくことで真の目覚めに到達するものです。

なので、何度か悟った後には、内面的な混乱が出てきます。

悟った後の混乱期

悟りを通じて、本質を知ったにも関わらず、一方でまだエゴは消滅に至っていないため、生き残っているエゴは、本質とは反対の方向に動こうとするため、内面的な混乱が発生します。この混乱は数年に及ぶことが良くあります。

悟りの経験の後には、自分の内面に、「悟っている私」と「悟っていない私であるエゴ」が同居する状態になります。その二つの比率が、初めのうちは「悟っていない私であるエゴ」の方が大変大きいため、混乱の程度はまだ低い状態にとどまります。

「悟っている私」と「悟っていない私であるエゴ」が同程度になってくると、自分の中で二つの自分がせめぎ合う状態になるため、ある局面で「悟っている私」が語っているのに、それを見ている「悟っていない私であるエゴ」が語っている内容に疑いを持ち出します。そうなると、本当の自分はどちらになるのかという混乱が起きます。

この混乱は、本当の目覚めへ到達するために必要な期間であり、本当の目覚めに向かっている証拠でもあります。魂レベルでは物事の本質を渇望しているため、やがて「悟っている私」の方が優勢になってくることで、本当の目覚めへの道を進むようになります。

コメント

  1. ゆりーと より:

    素晴らしい内容です、ここ数日間の私も「そうであった」と理解できました。

  2. ruby より:

    せめぎ合いばかりです。
    そういう自分を許そうとするけれど、そこでまた「そんなんでいいの?」って
    思える自分がいる。。。
    自分に期待とか見栄とか優越感とか罪悪感とか持つことは止めよう、
    本当はありのままの自分でありたいと思うのに、それができずにいる
    自分がもどかしくなることがあります。
    自分は?自分は?自分は?と突きつめて考えたときに、何が自分なのか
    わからなくなってしまいます。。

  3. akismile より:

    まさに!
    数年に及ぶひどい混乱状態が続いて苦しかったのですが
    つい数日前に中島みゆきさんの「糸」という曲を聴いている時に
    過去から未来への縦の糸と、自分の身の回りのいくつかの世界という横の糸が
    交差している「今」を生きる事がすとん、と腑に落ちて
    憑き物がとれたように今までの混乱を受け入れ、
    とっても意識がすっきりとして
    かつ
    自分の感覚で生きることができるようになりました。
    自分次第で、毎日を楽しさで満たすことが出来るんだな〜、と感慨深く、
    数年に及ぶ混乱状態を充分味わい尽くしてよかったな、と思います。
    八雲さんのブログは、数年間、とても役に立つ参考書でした。
    助かりました☆
    ありがとうございます。

  4. hik より:

    はじめまして
    ネットサーフィンをし、先ほど通りがかりに拝見いたしました

    自分にとってもまさに!!!でした!
    時系列で言えば、つい今年になってから大きな気付きが始まりだし、様々なことがあり、気付きが地に足をつきだし、
    これが「悟り」という名がついている状態なのだと知ったのは、つい先日のことです。
    悟り=なんだか未知の天才が才気を現した!
    くらいの遠い存在のように長年捉えてましたが、
    そういうことでは無かったのですね。
    そして一度「悟った」ことが自分にとってのゴールではない、、、

    こちらで書かれていた事も、改めて自然とスッと理解できるようになっていました

    (世界が固定だった、世界にネガティブやポジティブを色つけて見ていた自分を、
    時間という概念を使って表現するならば、今年の4月の前後あたりから、
    山の上から見下ろしてるかのように、眺めることができていることに気がつきました)

    自らが、そしてすべてがいとおしく捉えられるようになっていること、
    また決して以前のままの自分に戻りたいとは思わなくなるということ、
    もちろんここにもポジネガが加わって、悟り状態からは一端移行していて、
    けれどもいつでも中立に戻れるということ、
    このこと自体を噛み締めて、日々生きていけることに心から感謝を致します

    新たな気付きをありがとうございました
    m(_ _)m

    20160415