四万温泉 積善館 (しまおんせん せきぜんかん)

朝起きたら、唐突に呼ばれて、雨の中四万温泉に日帰りで行ってきました。

東京から四万温泉に行くなら、距離的に考えて普通は日帰りではなく、一泊以上の旅程なのですが、なぜか日帰りになってしまいました。

温泉街に着いて何処にいくのかを探っていたら、積善館になりました。ここは、アニメ「千と千尋の神隠し」のモデルとなった温泉の一つと言われています。「千と千尋の神隠し」は見たことがないのですが、この赤い欄干の橋を渡るところなどは、まさにアニメのイメージそのままの感覚らしいです。

Img_0111

橋を渡る途中の右手に見えるのが積善館の本館の一つで、一番下が浴室・元禄の湯になります。歴史のある建物で、重要文化財にも指定されています。

Img_0112
橋をさらに渡ると、積善館の本館正面入り口になります。

Img_0113

正面の受付で支払いを済ませて、日帰り湯に入ります。今回は入浴のみ(1200円)でしたが、食事や個室がセットになった日帰りプランもあります。

元禄の湯の建物は昭和五年に建てられた現存する日本最古の宿なので、さすがに古さを感じさせます。元の建物は名前の通り、江戸時代に建てられたとされています。

浴室内は撮影禁止なので、積善館のHPから引用しています。

Genroku_img

写真は公式ページのものなのでさすがにきれいに写っていますが、実際のところ、古い・・・ というよりはボロいと言った方がいいかと(笑)

歴史感は、それはもう十分にあります。古い湯治場そのままの構造なので、扉を開けるといきなり脱衣所があって、すぐ上の写真の湯船になり、洗い場もひとり分しかありません。温泉は、湯船の下から湧き出る構造になっていて溢れたお湯はそのまま流されていきます。

温泉好きとか鄙びた場所が好きな人にはいいかもしれませんが、誰でもお勧めできる浴室というわけにはいかないですね。

温泉の泉質は大変よく、昔の人がこんな山奥にまで湯治に来るのも納得です。草津のようなはっきりとした活性系ではなく、活性と癒しのバランスされた泉質なので、泉質としては、誰にでもお勧めできます。

積善館には、ちゃんと手入れされた新しい施設もあるので、次は、泊まりで行ってみたいですね。草津や万座も比較的近いので、車で温泉めぐりすることもできます。

四万温泉 積善館
http://www.sekizenkan.co.jp/
群馬県吾妻郡中之条町大字四万4236
TEL 0279-64-2101

泉質:★★★★

★の数とその意味については、以下のとおり。
★★★★★ 泉質が非常に良い:その場所を目的地として旅をする価値あり
★★★★  泉質が大変良い:その地域に行ったら、必ず立ち寄ってみたい
★★★   泉質が良い:近くに行くことがあれば、立ち寄りたい
★★    泉質が低い:1度行けば十分
★     泉質を語るに値しない:2度目はない

※評価は、泉質のみの評価であり、設備・サービス面などの評価は含まれていません。