深谷花園温泉 花湯の森

花園ICから近い場所のゴルフコースの中に建てられた日帰り温泉施設です。

Img_3854

日帰り温泉紹介のムックでトップで紹介されていたり、温泉バカ一代でも評価が高いので、行ってみました。

Img_3846

ここは、施設の雰囲気づくりがとてもよく、また12歳以下は入場できない(ゴルフコース利用客は除外)ことになっているので、大人向けの落ち着いた空間です。

Img_3849

入浴だけであれば、館内着・タオルセット付きで平日950円、土日祝日・特定日1050円と内容を考えればリーズナブルな料金設定になっています。ゴルフコース内にあるせいか、平日昼間にも関わらず駐車場は9割以上が埋まっていたので、休みの日など入場待ちなるかもしれません。

浴室や露天の作りも大人向けの落ち着いた雰囲気づくりが上手で、埼玉の田んぼの中にあるゴルフコースの中に作られたものなのですが、施設の中に入れば、外とは違う癒しの空間で、私がこれまで行った日帰り温泉の中でも、非常にレベルが高いものになります。

もう一方の泉質については、花湯の森の公式ホームページにも書いてありますが、源泉は2000メートル掘削したものであり、いわゆる本来的な源泉を掘り当てたものではありません。関東平野では、概ね1500メートルも掘れば、定義上の温泉を掘り出すことができます。しかし、これが本物の温泉なのかどうかというと、悩ましいところがあります。

実際に浸かってみた印象としては、温泉感は確かにありますが、満願の湯ほどの泉質ではありません。基本的に循環なので、塩素臭も若干あります。塩素臭については、どれくらいのレベルが受容範囲なのかは、人によって異なるので、一概には言えませんが、私の場合若干気になるレベルでした。

泉質の良い温泉に行くと、同じ湯船に時間を置いて3-4回入りなおすのがいつものことです。草津の温泉に行った時のことですが、熱い温泉は苦手なのにも関わらず、時間をおいて5回も入りなおしたことがあります。なので、私の泉質の判断基準の一つとして、同じ湯船に何度入るかどうかというのがありますが、ここは一度入れば良いといった泉質でした。満願の湯の場合、いつも3-4度は入り直します。なので、泉質だけで比較するなら、満願の湯の方が良いです。

ただ、癒しの空間創りが良い施設なので、温泉とか温泉の泉質にこだわりがない人を連れていくのであれば、満願の湯よりはこちらの方がおすすめです。満願の湯はカラオケがあったりするように、施設的にも庶民的なので、施設より温泉の泉質を重視する人には良い場所です。

なので、自分がどのようなこだわりがあるのか、あるいは一緒に行く人のこだわりによって使い分けるのが一番良いですね。

深谷花園温泉 花湯の森
http://spa.hanayunomori.jp/
〒366-0811 埼玉県深谷市人見薬師堂888
TEL.048-551-1126
泉質:★★★

★の数とその意味については、以下のとおり。
★★★★★ 泉質が非常に良い:その場所を目的地として旅をする価値あり
★★★★  泉質が大変良い:その地域に行ったら、必ず立ち寄ってみたい
★★★   泉質が良い:近くに行くことがあれば、立ち寄りたい
★★    泉質が低い:1度行けば十分
★     泉質を語るに値しない:2度目はない

※評価は、泉質のみの評価であり、設備・サービス面などの評価は含まれていません。