天体イベントは、4月4日まで続きます

春分の日を前に、低体調になっている人も多いかと思います。
3月は天体イベントが連続し、これらは4月4日まで続きます。

03/12 X2.1の大規模太陽フレア(リンク
03/11~3/14 活発な2297黒点群(リンク
03/20 皆既日食(日本では見られません)・新月(リンク
03/21 春分(リンク
04/04 皆既月食・満月(日本で見ることができます)(リンク

一連の天体イベントでは、皆既日食が象徴的ですが、今回の皆既日食の終了地が北極点になります。これは人々が日々を生きて行く上での軸とも言える、世界観や価値観に変化をもたらします。軸が変化する時は、心の奥底の部分で転換が起きるため、表向きは変化が無いように見えても、変化が始まっており、しばらくして振り返ると今年の初めの頃のイメージとは、ずいぶん違った世界にたどり着いていることに気が付きます。

全ての人に起きるわけではありませんが、このような基底の変化の時には、活発に活動しない方が変化がスムーズになるため、低体調が起きることが良くあります。
そのため、この時期は、計画したことや思ったことが、全くと言っていいほど進まなかったり、停滞することが起きます。

これは自分自身に何か問題があるということではありません。
今までの世界観や価値観でこれからも進んでいくというのではなく、それらを新たに再構築するために、状況が一種の向い風となっているということです。
ですので、これまでとは違った世界に進むために、一度小休止して、自分自身を見つめなおすための時間が来ているのです。