輪廻転生(2)

とりあえずの結論ですが、魂の成長レベルによって輪廻転生が存在するかどうかは見え方が異なってきます。したがって、最初のレベルでは「輪廻転生が存在しない」という認識が地球上における体験上必要なのですが、次のレベルでは「輪廻転生が存在し」地球上と恒星上における多様な体験を認識し、そしてその次のレベルでは、全ては一元であり「輪廻転生は存在しない」という認識に至ることが必要になってきます。
よって、輪廻転生が存在するかどうかは、その人の魂の成長レベルによって認識が異なることになりますので、「存在するかしないか」という質問に対してはその人の成長レベルによって使い分ける必要があります。