東北遠征(その6)

キリストの墓に行ってきました。
あれが、キリスト(サナンダ)の物質的な墓であるかどうかは怪しいところだけど、墓前でサナンダ呼んだら、ちゃんと出てきたので、物質的な意味合いでなくチャネルするためのスポットと考えるなら本物ですね。
神社の場合、勧請することで、あちこちに同じ神を祭る神社があるわけで、キリストの墓もそういう意味合いで考えるなら世界中のあちこにある墓も本物であると言えると思います。
エネルギー的には、とても不思議な場所で只者ではない場所(笑)であることは確かです。同じエネルギーということでは、北茨城の皇祖皇大神宮がまさに同じエネルギーで、こちらも竹内文書系の場所。
それから、大石神ピラミッドも同じく竹内文書系ですが、こちらはピラミッドというとちょっと、?な場所ですが、巨石スポットと考えると、大阪の妙見神社などと同じで、巨石系のパワースポットですね。祈りをするとちゃんとスポットとして機能していたので、ピラミッドであるかどうかはともかくパワースポットとしては本物ですね。
大石神ピラミッドからさらに600mほど林道を進んだ所に上大石神ピラミッドというのがあるのだけど、登り口まで行くと、車が一台止まっていて、登っている人がいるみたい。でも、ハエやハチがぶんぶん車に体当たりしてくるので、これは登るなというメッセージだなと思って、車を進めて、もう一度登り口にくると今度はいかにも「ムー的な人(!?)」が下にいてなんだかなーという状態、これもやはり登るなというメッセージみたいだったので、結局登らずにその場を離れました。
今日は一日がかりで恐山行ってきました。良い場所でした、こんなに遠くなければまた行きたい場所です。
ということで、名前は怖いけど(笑)とても良い場所です。「地獄と浄土が同居するスポット」で、特に宇曽利湖はとても美しくてまさに浄土を感じさせる湖。
チベットの有名な湖(名前忘れた)もこうなんだろうかと思うほど。参拝に500円取られてしまうけど、湖見たら元は取ったなと思うほどきれいです。
恐山は観光地としても有名なので、人は多いけどなぜか人の気配が希薄で、エネルギー的にも良い場所です。
ガイドが、三内丸山三内丸山三内丸山とうるさいので(笑)明日はそちらに行って、岩木山に行ってから南下します。