災害への備え

ラジオ買って来ました。
今回の地震予測にかぎらず、色々なことが起きる時代になってきたので、一応情報源だけは確保しておこうということです。災害時に一番役に立つ情報源はラジオ。電話は非常時は防災関係者最優先の体制になるので、一般の人の電話はかなり制限されてしまいます。停電になったらTVもダメ。
ということで、これまでの経験則から言って、もしもの場合はラジオが一番の情報源になります。
買ったのはソニーの“発電式ラジオ”
http://www.sony.jp/products/rtc/prod/radio/icf-b200_01_p.html
これは、自分でハンドル回して充電するのものなので、電池なくても放送を聞くことができる優れもの。災害時はみんながラジオや電池求めて殺到するので、いざというときには使える電池がないということもよくあるので、こういうラジオが手元にあれば情報入手が楽になります。
でも、南関東地震の報道で何処に行っても在庫なし。結局店頭サンプルを買ってきました。
“発電式ラジオ”は災害に限らず、ちょっとラジオ聞きたいときに電池なくてもハンドル回せば聞けるという気楽さが便利なので、普段の生活でも使えて良いです。
-*-
もっとも、自分自身の意識をセンターに置く事ができれば安全であることは分っているけど、かならずしも完璧にできているわけではないから、最小限の備えはしておきたい。
買い物に行った時にガイドに聞いても“いらないよ”と言ってたので、多分必要とする状況にはならないと思います。
でも、自分の周辺の人たちはかならずしもそういうレベルに行っているわけではないので、自分の周辺の人たちのためにも情報源は確保しておきたいと思っています。
-*-
現代の都市型の災害では電気が止まると、水も止まる可能性が高いので、水の確保は重要ですね。ひとまず、一週間分の最低限の水は確保してあります。
また、トイレの水は案外忘れやすいところで、風呂桶に水を張っておくなどの対策をしておきたいです。