星占いなんて迷信でしょ?

「星占いなんて迷信でしょ?」
このような誤解を生んでいるのが新聞雑誌TVで見られる12星座占いであることは意外と知られてないのですが、本来の占星術が用いる情報は、「生年月日+誕生時間+誕生場所+10天体+12星座+アングル」と非常に複雑なものです。新聞雑誌TVで見られる12星座占いは、これらの複雑な要素のうち1天体+12星座に限ったものなので、すごくおおざっぱな情報になってしまいます。
なので、「当たらなくて当たり前」です。でも中にはちょうど当てはまる人もいたりするので、星占いが当たる・当たらない、迷信・オカルトの議論になったりするわけです。