菜食はいいことなのか?(1)

人が自身の意識レベルを上げようとするとき、一般的に言われるのは肉食を辞めて菜食にしなさいということですが、これは正しいのかを考えるとき、その答えは、肉食でも菜食でも意識レベルは上がるということです。
ただし、肉食の場合は前提条件があります。
動物を肉として食べる場合には、
(1)その動物が自然な良い環境で育てられていること
(2)抗生物質などを与えられていないこと
(3)屠殺は愛情と感謝を持って行われること
北米大陸のイヌイットや日本のかつての農家やアイヌは上記の条件を満たした肉を食べているから意識レベルを保つことができるわけです。
翻って、現代人の食環境を考えたとき、上記の条件を満たした肉食をすることはほとんど不可能に近いというのが現実です。
なので、日本に住んで平均的な生活環境にある場合は、肉食より菜食の方が好ましいというのが現状です。