月と太陽と大地の道

週末に、元旦に続いて、また!伊勢神宮行ってきました。今回は車で行ったのでさすがに日帰りではないですが(笑)トップページの写真も入れ替えてます。
二見の夫婦岩は夏至の日の出は夫婦岩の間に遠く見える富士山から日が昇り、冬至には同じ所から月が昇るということから分かるように、伊勢神宮は太陽と月と季節(冬至、夏至)を結んだ場所にあり、月と太陽の道に立てられた聖地であるということ。また、風水的に見ても非常に理にかなっているとのこと。そして日本を貫く中央構造線の上に位置するということで、まさに太陽と月と大地のエネルギーを強く持った場所であるということが言えます。
こちらの図にもあるとおり、
http://oyashima.jp/Photos/Diary/IseGrandCross.jpg
伊勢の重要な場所を繋いでいくと伊勢の地に富士を起点としたグランドクロスが描かれていることが分かります。今回はそのグランドクロスを廻ってきたのですが、ひとつひとつの場所だけでは分かりにくいのだけど、一回りしてみると自分の細胞が活性化されるようなそんな体験でした。やはり伊勢にはまだまだ知られていない何かが潜んでいる、そんな感じがします。