首都高速は一般道?

都内在住なので、各地の聖地に向かう時に首都高速を使うことが多いのですが、首都高速は高速道路だと思っている人が多いと思います。私もそうでした。だって、首都高速道路公団の道路ですよ、誰が読んでも高速道路ですよね。
でも、その実態は大部分が一般道なんです。一般的な感覚として制限速度が70Km/h以上でないと高速道路とは言えないと思いますが、首都高速は大部分で制限速度が50Km/hもしくは60Km/hなんです。知ってました?
こちらの図を見ると分かりますが、

首都高速道路公団 制限速度図
http://www.mex.go.jp/mexinfo/safety/seigensokudo/index.html

制限速度が70Km/h以上の道路は、幹線高速道への接続している部分か、湾岸線(B)のみで、中心部は全て60Km/h以下になっています。これじゃ、首都高速道路といっても実態は一般道+αですよね。
なのに、首都高速道路公団というのはいったいどういうことなんだか。首都高架道路公団と言うのならわかりますが(笑)
最近は慣れてしまっているのですが(慣れって怖い(笑))、初めて首都高を走ったとき、エスケープゾーンのない狭い道を100Km/hオーバーでみんな走るので、怖い思いをしたのですが、そもそも60Km/hで走る道を100Km/hオーバーで走ったら、それは怖いに決まってます。
だから、といって60Km/hで走ると(ときどき、ちゃんと制限速度守っている車を見かけますが)追い越しする車との速度差が40Km/h以上になって危険だし、追突の可能性も高いので、なるべく周りの流れに沿って走ってますが、みなさんもう少しゆっくり走りませんか?
補足:
首都高速道路公団 > 首都高速道路を安全に走るには
http://www.mex.go.jp/mexinfo/safety/anzen/index.html