三菱欠陥車問題

三菱の問題はまだ続いてますが、ここ最近報道されている出火は、多少過剰報道的なところもあるので書いておきます。
車両火災の発生件数は、例年1万件近くが発生しており、国内自動車メーカー14社で単純に割ると、1社当たりの年間発生件数は600件以上あるということです。なので、三菱の自動車が一日一台出火していたとしても、統計的に見ればおかしくないというのが現実です。
三菱のリコール隠しを擁護するわけではありませんが、車両火災というのは全国的に見れば珍しいことではないということです。
車両火災の原因として、大きいものは、潤滑油切れなどの整備不良や電気配線や後付け部品装着などの改造といった、ユーザー側に責任があるケースが少なくない、と言われており、オーナーの管理(整備)が大切です。