八幡ワーク

今日は、天気も良いのでイチゴ狩りの下見も兼ねて市原方面に出かけてきました。
廻った神社のうちコアなのは、飯香岡八幡宮~若宮~辰巳台神社です。いずれも八幡様の神社で、コアになるのは飯香岡八幡宮でした。今日はそれぞれの神社を繋ぐワークをしたのですが、関東結界の時と違って、今回の三社はいずれも飯香岡八幡宮関連なので、ワークもとても楽でした。
ところで、八幡神社というと、応神天皇が八幡様と言われているのですが、どうもそういうことではないみたいです。応神天皇に力が無かったということではなくて、八幡様というのはどうも日本人ないしは日本系ではなく、韓国(朝鮮)から渡来し、日本に帰化した神様であるようです。

コメント

  1. ケンタロウ より:

    今日は天気よかったですね~。私も神社がんがんまわってきましたよ。
    代々木八幡、明治神宮、赤城神社、東京大神宮、根津神社、水天宮、富岡八幡宮、出雲大社東京分嗣、皇居を中心にぐるっとまわったかんじです。

  2. ケンタロウ より:

    ほんと神道というか日本の神様は複雑ですよね~。天照とスサノオの関係、大国主の国譲り、大物主の正体、物部氏の没落、中臣氏の宗教改革、神仏習合、吉田神道による密教化、国家神道、古神道ムーブメント、時代の要請による神々の栄枯盛衰、神社の祭神も隠れ神だったりして、、複雑怪奇。
    神様をチャネリングできればいいんだけど、そんな能力もないので、素直に魂のおもむくまま、お参りするしかありませんわ。

  3. 八雲 より:

    ケンタロウさん
    確かに、日本の神様は複雑だけど、それは別の視点から見れば、文化的な多様さでもあり、豊かさでもあると思っています。
    なので、神社に行った時、人それぞれに縁のある神様と繋がることができるという意味で懐が深いともいえますね。