自由意志と運命(2)

運命という言い方はあまりよくないかもしれませんが、他に良い言い方がないので、ひとまず運命という言葉を使います。
生まれてくる前に「今回の人生の方向付けはこうしよう」と自分で決めてきている部分が運命で、いわば人生のロードマップとも言えるかと思います。これは今回の人生の意味とか自分の立場や役割を大まかに決めたもので人生の戦略でもあります。
この人生の戦略に沿って、いろいろな出会いや学びがあるのですが、戦略は概ね決まっていてもその中でどう人生を生きるのか、ということについては自由意志の問題です。
サッカーにたとえるなら、サッカーのルールが運命で、ゲームをどう進めるかは自由意志であり、ルールがあるからサッカーが面白くなるというのと同じで、運命があるから人生は豊かなものになるということです。
(続く)

コメント

  1. ケンタロウ より:

    私は突然、神社まわりをはじめたのですが、(といっても八雲さんとはくらべものにならないくらい少ないのですが)、それでも100社をやっと越えて、自分なりに「こういうことだったのだなあ」と府に落ちるところがありました。
    ただ、まだまだまわるつもりですので、その都度発見、はっとすることがあるのかなあと考えています。

  2. 八雲 より:

    ケンタロウさん
    神社を巡るのは、行く前は分からなくて、行った後に意味が分かるというのも良くあることですね。
    私の方は最近、全国モードからどうやら日帰り圏内の地元モードに切り替わっているみたいです。
    ・・・と言っても皇居を中心として半径100Kmぐらいですが(笑)