信州・株式

先週末は、色々と忙しくて郊外に出られなかったせいもあり、今朝起きたら都会のノイズ(のエネルギー)が溜まってとても仕事できる状況ではなかったので、仕事を休んで郊外に出かけてきました。
ヒーリングなどをやっている人であれば分かると思いますが、都会というのは一種の邪気がいっぱいあるところで、敏感な人だと邪気を落としに郊外に行くというのは大切です。

ということで、久しぶりに車山方面に日帰りで行ってきました。
今日(5/16 Mon)は雲もなく車山のビーナスラインからは八ヶ岳-富士山-南アルプス-北アルプスが一望できる絶好のお天気でした。ビーナスラインの富士見駐車場は山々のエネルギーを受け取るのにお奨めの場所です。
(富士見台と名のつく駐車場は二つあるけど、お奨めなのは120台駐車可能な大きい方の富士見台駐車場で、こちらは売店も開いています。30台駐車可能な伊那丸富士見台駐車場は富士山の景観が今ひとつだし、売店も閉鎖されていました。)

ビーナスライン富士見台駐車場からの八ヶ岳と富士山

私のページではないですが、こちらにはパノラマ写真があります。

ビーナスライン
http://hama-is.hp.infoseek.co.jp/PX/VENUS3.HTM

帰りがけに、諏訪大社によってきたのですが、諏訪大社はチャネリングが始まった神社でもあり、武田関連など縁の深い神社なので、(神様に)聞きたいことがあると出かける神社です。
今日はビーナスラインから降りてため、秋宮で今欲しいものとして”Helth Beauty Rich”の三つのテーマがあるので、これを聞いてみたところ、”株”との答えが・・・
うむむ、”ちゃんと働く”とか”意識の持ちようが大切”とか言ってくるのならわかるのだけど、今回は”株”。
以外な答えだったので、何度か聞きなおしていたら、目の前に文字で”株”と・・・
どうも株式投資をやれということのようなのだが、イマイチ納得しないので、本宮にも行って聞くことにしたのだけど、こちらでも”株”、さらに前宮にも寄って聞いてみたら、やっぱり”株”、あんまりしつこく聞くもんだから、ここでも目の前に文字で”株”と・・・

帰り道で、Oリングテストをしてみたら、こちらでもOKと出た。

ということで、株式の基礎を勉強したら株価のリーディングがどこまでできるのかを(当面は投資しないで)試してみたいと思います。

コメント

  1. sumi より:

    はじめまして、八雲さん。
    昨日~今日で富士山へ行ってきました。
    八雲さんがお書きになった「富士の神々と浅間神社」を
    プリントアウトして。
    このプリントアウトにはとてもお世話になり、貴重な体験を
    することができました。ありがとうございます。
    太平洋側しか回らなかったのでルート上、4つの
    神社と1つのパワースポットと富士山の新5合目、そして
    富士サファリパーク(笑)をまわりました。
    中でもすごかったのは八雲さんがお書きになっている
    とおり、「富知神社」のパワーです。子供の遊び場が処を同じく
    していて楽しそうな叫び声などがすぐ近くから聞こえて
    来る環境で、お社もとっても地味でしたがお参りさせて
    いただくと手足の裏が普段とは全然違った感じ方を
    しました。しびれるような感じ・・・とはいっても度合いが
    全く違っていて最初は単に足がしびれているのかと
    思ったほどです。
    一緒にいった主人も、プリントアウトの内容は何も告げて
    いないのにお参りが終わったとたん
    「すっごい強いパワーだね」と申しておりました。
    帰宅後「富士山本宮浅間大社」でいただいてきた
    湧き水にうちの石たちを沈めた(今も入浴中)のですが
    浴槽である、ガラスのボール全体がぼんやりと
    発光して石たちが何かを放出しているのが見て取れます。
    長くなってすみません。取り急ぎ、ご報告とお礼まで。
    貴重なチャンス、ありがとうございました。

  2. 八雲 より:

    sumi さん
    こんにちは、「富士の神々と浅間神社」が富士山めぐりのお役に立ったようでなによりです。
    私の方は、6/15-16に、三人で富士山を一周する予定にしています。
    「富知神社」って、見かけはなんともない普通の神社なのに繋がることができると、富士の根源的なパワーを感じることが出来るのでなかなか面白いですね。ただし、うまく繋がれない人もいるので、評価はさまざまだと思います。
    今度機会があったら、ぜひ一周してみてください。一周すると(三周できればベスト)自分のエネルギーレベルが確実に上がります。
    「富士の神々と浅間神社」でも少し書いてますが、角行がお中道を何度も行った理由が実感できますよ。