人間関係が上手くいかないのは

スピリチュアル・カウンセリングでは、人間関係が上手くいかないという相談も多くあります。
カウンセリングでの相談に限らず、人間関係が上手くいかないという時に、共通することがあります。

『自分自身が変化しないで、相手が変化することを求めている時、人間関係が上手くいかないということが起きます』

人間関係において、相手を変化させるということは、簡単ではありません。もし、それをあなたが簡単に出来るのであれば、とっくに人間関係が上手な人になっているでしょう。

人は、他人から強制的に変化させられるということを嫌います。
変化が起きるのは、人が自分自身で新しい考え方や見方を受け入れた時だけです。

つまり、あなたが相手を強制的に変えることが出来るわけではなく、相手があなたを受け入れた時にだけ、変化が起きるということであり、これは相手次第なので、予測できることではなく、簡単でもありません。

ましてや、相手があなたの想い通りの人になるように仕向けるのは、とても困難なことです。

ところが、このとても困難なことを容易であるかのように勘違いしていることがあります。
そういう時に、人は相手に対する不満を募らせます。
・相手の発言に問題がある
・相手の行動に問題がある
・相手が自分を理解していない
・相手が変化すれば問題は解決する
などなど。

この不満は、相手に対する思いやりの心ではなく、相手が自分の想い通りに変化して欲しいという本人も気が付いていない心の奥深くの想いです。これは、問題は相手にあるから、相手が変化すべきだという想いなのですが、これで変化が起きることはありません。

真相は『まず自分自身が先に変化する必要がある』ということです。

この真相に気が付かないと、相手に対する不満が心の中に生まれます。それは時として、口をついて言葉として出てきます。
そして、相手をコントロールしようとする想いが実現できないので、それはやがて不満となって、いつまでたっても良い方向に進まないという結果を生み出すことになります。
そうなると、人間関係は上手く行かなくなってしまうどころか、時には悪化することになります。

人間関係を上手く行くようにするには、あなた自身が先に変化することが必要です。

その変化は、時にはこれまでの自分を捨てて新しい自分になるということですが、この場合の変化は、時としてこれまでの自分を否定する必要があるため、ある種の心の痛みを伴うことになります。

人間関係を上手くいくようにするためには、あなた自身が先に変化することが必要です。変化というのは、いつも楽しい事だけではありませんが、それが自分自身の成長に繋がってより良い人生に繋がります。