過去生と現世(2)

ということで、過去生については、一つの魂と複数の人生というのは、そこが出発点であり、ゴールではないということです。
そこから出発して、もっと深い理解をすると、過去生とは、過去生に見える現象がある。という所にたどり着くことになります。言わば過去生というゲームを楽しめる状態です。
一人一人の過去生については、絶対的なものではありません。一番大切なのは、過去生(に見える現象)をどう今の人生に生かすかということです。